サフラワーの効果効能|ハーブティー・メディカルハーブ・スパイス事典

safflower

サフラワー

目次

  1. キーワード&データ
  2. 植物の特徴
  3. サフラワーの効果効能
  4. ハーブティーの飲み方
  5. 症状別ハーブのブレンド
  6. おすすめ使い方

 






 

キーワード&データ

女性特有の不調、冷え性に

 

名前 サフラワー、ベニバナ、スエツムハナ、Safflower
学名 Carthamus tinctorius
科名 キク科
使用部位
注意事項 キク科アレルギーの人は注意、妊娠中、出血性疾患、消化性潰瘍のある人は避ける
フローラルなまろやかな風味
成分 リグナン、フラボノイド、ステロール、脂肪酸

関連記事まとめ: #サフラワー

 

特徴

エジプトが原産で、古くから赤や黄の染料として使用されました。日本では平安時代に盛んに栽培されました。口紅にも使用されています。中国では血の流れをよくする薬草として使用されています。

 

サフラワーの効果効能

血流を刺激する作用に優れるので、血行を促進し、冷え性を改善したり、生理痛や生理不順を改善します。更年期障害にもいいです。

体への効能
  • 血行促進作用
  • 通経作用
  • 子宮収縮作用
  • 発汗作用
  • 緩下作用

effects

 

サフラワーティーの飲み方

小さじ2をお湯に入れ、7分蒸らす。

ハーブティー入れ方

 

症状別ハーブのブレンド

冷え性に ジンジャーローズマリー
更年期に チェストツリーレッドクローバー

symptom

 

おススメ使い方

ハーブティー、ホームケア、バス、料理

herds_advanced1

 

 

 

次はこれを要チェック

herbs essentialoils vegetableoils floralwater

 

 

スポンサーリンク



 

 


注意点&免責事項:ここに掲載されている内容は、ハーブの治療や薬としての有効性を保証するものではありません。事故やトラブルに関してこのサイトは責任を負いかねますので、あくまでも自己責任にてご使用をお願いいたします。持病をお持ちの方、妊娠中の方、お子様に使用する場合や、その他使用に不安のある方は、専門家や専門医に相談することをお勧めいたします。
参考文献をみる
画像@ Depositphotos.com/abet

コメントを残す