ヒースの効果効能|ハーブティー・メディカルハーブ・スパイス事典

heath

ヒースの効果効能

目次

  1. キーワード&データ
  2. 特徴
  3. 有効成分
  4. 注意事項・禁忌
  5. ヒースの使い方

 






 

キーワード&データ

キーワード:美肌に

名前 ヒース、ヘザー、エリカ、heath
和名 ギョリュウモドキ
学名・読み方
  • Calluna vulgaris [カルナ・ウルガリス]
  • Erica vulgaris [エリカ・ウルガリス]
科名 ツツジ科
使用部位
ジェンダー 女性
惑星 金星
四大元素

関連記事まとめ: #ヒース

 

特徴

ヨーロッパ、西アジア、北アフリカなどに分布している常緑低木です。ヒース、ヘザー、エリカなどと呼ばれ、種類が複雑です。種類の詳しい説明はエリカの花言葉をご覧ください。メディカルハーブでは、ヒースという名称で、Calluna vulgarisErica vulgarisが使用されています。古くから農民の生活と密接にかかわってきた植物で、染料や肥料、飼料、ハーブティー、薬用として幅広く使用されていました。

スピリチュアルなストーリー

昔から霊を呼ぶ際に使われていたと言われています。幸運を惹きつけたり、犯罪から身を守るために持ち歩いたとも言われています。

ヒースの効果効能

アルブチンという成分が、メラニン生成抑制作用があります。そのためシミ・ソバカス・色素沈着・ニキビなどによく、美白効果が期待できます。内用しても、化粧水などにして外用しても使えます。また、ミネラルが豊富で、泌尿器系にも働きかけます。抗菌や利尿作用が、尿道炎や膀胱炎等の感染症を緩和させ、結石も予防します。多すぎる尿酸を取り除き、リウマチ・痛風・腎臓の機能を回復させます。

作用

  • 尿路消毒作用
  • 抗菌作用
  • 殺菌作用
  • 利尿作用
  • 収斂作用
  • 鎮静作用
  • 美白作用

適応

  • 色素沈着
  • 泌尿器感染症
  • 良性前立腺肥大による排尿障害
  • 結石予防
  • リウマチ
  • 関節炎
  • 痛風

effects

 

有効成分

ヒドロキノン配糖体(アルブチン、メチルアルブチン)、フラボノイド、タンニン など

 

注意事項・禁忌

通常の使用の範囲では安心して使えるハーブです。酸性尿を引き起こす薬剤と一緒に使用すると、抗菌力の低下が起こる可能性があります。

 

ヒースの使い方

ティーの飲み方

小さじ2をお湯に入れ、7分蒸らす。香りが弱いため、ブレンドに向いています。

ハーブティー入れ方

 

症状別ハーブの使い方

シミのためのハーブブレンド

ヒース、カモミールジャーマンルイボス

symptom

 

おすすめの使い方

ハーブティー、スキンケア、ホームケア、バス

herds_advanced1

 

 

 

次はこれを要チェック

herbsgardening  essentialoils vegetableoils floralwater

 

 

スポンサーリンク



 

 


注意点&免責事項:ここに掲載されている内容は、植物の治療や薬としての有効性を保証するものではありません。日々進化していく全ての情報を網羅しきれていない場合もございます。事故やトラブルに関してこのサイトは責任を負いかねますので、あくまでも自己責任にてご利用ください。持病をお持ちの方、妊娠中の方、お子様に使用する場合や、その他使用に不安のある方は、専門家や専門医に相談してください。
参考文献をみる
@Depositphotos.com/ nature78

コメントを残す