ヒソップの効果効能|ハーブティー・メディカルハーブ・スパイス事典

hissop

ヒソップの効果効能

目次

  1. キーワード&データ
  2. 特徴
  3. 有効成分
  4. 注意事項・禁忌
  5. ヒソップの使い方

 






 

キーワード&データ

キーワード:風邪のひきはじめに

名前 ヒソップ、hyssop
和名 ヤナギハッカ(柳薄荷)
学名・読み方 Hyssopus officinalis [ヒッソプス・オフィキナリス]
科名 シソ科
使用部位 葉・茎・花
ジェンダー 男性
惑星 木星
四大元素
性質
チャクラ 第1チャクラ

関連記事まとめ:#ヒソップ

 

特徴

ヒソップは「聖なるハーブ」という意味のギリシア語が語源となっています。教会の床に敷き、空気を浄化することに使用されていたためです。中世では料理の苦味つけにも使われました。リキュールの材料としても使われています。

スピリチュアルなストーリー

現在でも浄化のハーブとして有名なハーブです。サシェにしてお風呂に入れると体の浄化に、家の中に置いておくことで、ネガティブなエネルギーを浄化してくれると言われていました。カルペパーは木星が支配し、蟹座のもとにあり、体のあらゆる場所に力を与えるハーブとしました。ルーとハチミツを一緒に煮たものを飲むと、咳、息切れ、喘鳴、肺にたまったリウマチ性の体液にいいと述べていました。

感情面にもたらす効果

ヒソップは、執着、脅迫など、極端な恐怖心がある場合にいいと言われています。第1チャクラに関連する、基本的な生存の欲求に関わります。恐れに支配されて自分の選択を楽しめない人、暗闇の中に生きてしまう人、自分の価値を見出せない人、自分の方向性を見いだせない人などに向いています。

ヒソップの効果効能

ヒソップは呼吸器系の粘膜を強化します。気管支炎、痰、喘息、ウイルス性の風邪に効果的です。発汗作用があるので、風邪のひきはじめの発熱にもいいです。リウマチ痛を緩和させる働きもあります。

作用

  • 抗菌作用
  • 抗ウイルス作用
  • 去痰作用
  • 刺激作用
  • 発汗作用
  • 駆風作用
  • 抗カタル作用

適応

  • 気管支炎
  • 喘息
  • 風邪
  • リウマチ

effects

 

有効成分

フラボノイド、タンニン、精油、配糖体、苦味質など

 

注意事項・禁忌

授乳中の使用に関しては、問題は確認されていないものの、最終的な安全性は確立されていません。

 

安全性クラス : 2b(妊娠中に使用しない)
相互作用クラス: A(臨床的に関連のある相互作用が予測されないハーブ)

『メディカルハーブ安全性ブック第2版』

 

ヒソップの使い方

ティーの飲み方

小さじ1をお湯に入れ、7分蒸らす。

ハーブティー入れ方

 

症状別ハーブの使い方

眠気冷ましにいいハーブブレンド

ヒソップ、ペパーミントローズマリー

symptom

 

おすすめの使い方

ハーブティー、ホームケア、バス、芳香浴

herds_advanced1

 

 

 

次はこれを要チェック

herbsgardening  essentialoils vegetableoils floralwater

 

 

スポンサーリンク



 

 


注意点&免責事項:ここに掲載されている内容は、植物の治療や薬としての有効性を保証するものではありません。日々進化していく全ての情報を網羅しきれていない場合もございます。事故やトラブルに関してこのサイトは責任を負いかねますので、あくまでも自己責任にてご利用ください。持病をお持ちの方、妊娠中の方、お子様に使用する場合や、その他使用に不安のある方は、専門家や専門医に相談してください。
参考文献をみる
@Depositphotos.com/ darkfreya

コメントを残す