マーシュマロウの効果効能|ハーブティー・メディカルハーブ・スパイス事典

marshmallow

マーシュマロウの効果効能

目次

  1. キーワード&データ
  2. 特徴
  3. 有効成分
  4. 注意事項・禁忌
  5. マーシュマロウの使い方
  6. アーユルヴェーダからみた使い方

 






 

キーワード&データ

キーワード:粘膜の保護に

名前 マーシュマロウ、マシュマロウ、アルテア、marsh mallow、rose mallow
和名 ウスベニタチアオイ(薄紅立葵)、ビロードアオイ
学名・読み方 Althaea officinalis [アルタエア・オフィキナリス]
科名 アオイ科
使用部位 根、花、葉
惑星 金星
性質

関連記事まとめ: #マロウ

 

特徴

ヨーロッパでは2000年に渡り医療に使われてきたハーブです。それを示すように学名のAlthaeaは、ギリシャ語で「健全にする」を意味するalthainoが語源です。1000種ほどあるマロウの中でも、最も強い薬効がある種の一つで知られています。現在は殆どないものの、マシュマロは古くはマーシュマロウの根のデンプンから作られていました。名前のmarshは湿地や沼地を指します。湿りがちな土地を好むことから名付けられました。

スピリチュアルなストーリー

カルペパーは、マーシュマロウは刺激を抑え、痛みをやわらげ、できものや炎症を治すとしました。外用として、痛みを和らげる軟膏や湿布として使うことを勧めていました。また、腹部を緩め、身体のあらゆる痛みをやわらげるとし、浣腸としても使ったり、結石が痛みなく排出されるためにも使ったとされています。

マーシュマロウの効果効能

マーシュマロウの一番の特徴が、根や葉に含まれる粘液質です。そのため、その粘液質が効果的に働く、粘膜の保護・修復に向いています。具体的な症状としては、空咳、のどの痛み、気管支炎、口内炎、消化器官の炎症や泌尿器の炎症、胃潰瘍、胃炎などが挙げられます。粘膜に潤いを与えることで、刺激から守ってくれます。また、下痢で傷ついた粘膜を保護し、便秘も解消します。浣腸剤として使用されることもあります。口内炎にはマウスウォッシュとして使用します。また、肌に使用することで、乾燥、肌荒れ、ニキビ、湿疹や皮膚炎を緩和させます。

作用

  • 粘膜保護作用
  • 緩和作用
  • 抗炎症作用
  • 去痰作用
  • 利尿作用
  • 緩下作用
  • 刺激緩和作用
  • 鎮咳作用
  • 創傷治癒作用

適応

  • 粘膜の炎症
  • 皮膚炎
  • 火傷
  • 口腔の炎症
  • 乾燥した咳

effects

 

有効成分

粘液質、フラボノイド、フェノール酸など

 

注意事項・禁忌

通常の使用の範囲では安心して使えるハーブです。妊娠中・授乳中の使用に関しては、問題は確認されていないものの、最終的な安全性は確立されていません。薬の吸収を遅らせる場合があるので、薬の摂取はマーシュマロウ摂取の1時間前もしくは数時間後にすべきです。

 

安全性クラス : 1(適切に使用する場合、安全に摂取することができるハーブ)
相互作用クラス: A(臨床的に関連のある相互作用が予測されないハーブ)

『メディカルハーブ安全性ブック第2版』

妊娠中・授乳中は、専門医のアドバイスのもと使用すべき

『ESCOP Monographs』

 

マーシュマロウの使い方

ティーの飲み方

小さじ2を7分煮出す。長く煮るととろみが出てくる。

ハーブティー入れ方

 

症状別ハーブの使い方

咳止めに

  1. 大さじ1の葉、又は小さじ1の根に1カップの水を注ぐ
  2. 時々かき混ぜながら、1~2時間漬け、少し温める
  3. 1日数回、1杯飲用する

『フィトセラピー植物療法事典』

喉の痛みのためのハーブブレンド

マーシュマロウ、エルダーフラワーマレイン

symptom

 

おすすめの使い方

ハーブティー、スキンケア、ホームケア、バス

herds_advanced1

 

アーユルヴェーダからみた使い方

名前:マーシュマロウ

マーシュマロウは、粘液質が豊富で、内服では滋養強壮剤として、外用ではエモリエント効果が期待できます。ピッタを回復させ、肺や腎臓にいいです。またヴァータの強壮にもいいです。炎症を静め、肌や粘膜を滑らかにします。同時に体の水の要素を洗浄し、修復もします。慢性の炎症や壊死組織の回復を助けます。また、吸いつく力が強いので、炎症や感染の湿布として外用で使えます。元気の回復剤として使う場合は、ミルクで煎じてジンジャーを少しプラスするといいです。肺の強壮には、リコリスやエレキャンペーンをブレンドするといいです。

学名 Althaea officinalis
使用部位
ドーシャエネルギー VPK=(過剰摂取によりK+, アーマ+)
6つのラサ 甘味
ヴィールヤ(消化中のエネルギー) 冷却
ヴィパーカ(消化後の味) 甘味
ダートゥ(組織への影響) リンパ、血液、筋肉、骨髄、神経、生殖
系統 呼吸器系、泌尿器系、消化器系、神経系

 

 

 

次はこれを要チェック

herbsgardening  essentialoils vegetableoils floralwater

 

 

スポンサーリンク



 

 


注意点&免責事項:ここに掲載されている内容は、植物の治療や薬としての有効性を保証するものではありません。日々進化していく全ての情報を網羅しきれていない場合もございます。事故やトラブルに関してこのサイトは責任を負いかねますので、あくまでも自己責任にてご利用ください。持病をお持ちの方、妊娠中の方、お子様に使用する場合や、その他使用に不安のある方は、専門家や専門医に相談してください。
参考文献をみる
@Depositphotos.com/ Kassandra2

コメントを残す