ディルの効果効能|ハーブティー・メディカルハーブ・スパイス事典

dill

ディルの効果効能

目次

  1. キーワード&データ
  2. 特徴
  3. 有効成分
  4. 注意事項・禁忌
  5. ディルの使い方

 






 

キーワード&データ

キーワード:リラックスに

名前 ディル、dill
和名 イノンド(蒔蘿)
学名・読み方 Anethum graveolens [アネトゥム・グラウェオレンス]
科名 セリ科
使用部位 果実(一般的に種子として知られている部分)
ジェンダー 男性
惑星 水星
四大元素
性質 熱・乾

関連記事まとめ:#ディル

 

特徴

ディルは古くから各地で様々に使用されていました。学名のAnethumは、ギリシャ語で「上」を表すanaと、「燃える」を表すaithoが組み合わさってできた、ディルを表すanethonが由来です。種子が刺激的なことから来ています。graveolensは、ラテン語で「重くきつい」を意味するaravisと「匂いがする」という意味のolensが組み合わさっています。dillという名前は「なだめる、なめらか」といった意味のゲルマン語が由来と言われていて、その名の通り鎮静作用があるハーブとして古くから飲まれていました。お腹が張って痛い時に子供に飲ませていたハーブです。

スピリチュアルなストーリー

守護や金運の力があると信じられてきました。ディルをドアに吊るすと家を守ってくれたり、嫌な人を寄せつけなくしてくれるとされました。また、種子が多いことが金運と結びつけられてきました。カルペパーは水星が支配するハーブとし、脳を活性化すると述べました。煮たものを内服すると、脹れや痛みをやわらげ、子宮や胃の下垂を防ぐとしました。煎じ汁の湯気の上に座ることで、子宮の痛みやガスの症状にいいとしました。

ディルの効果効能

穏やかな鎮静作用があります。リラックス時や子供をなだめる時にいいと言われています。授乳中は母乳の出をよくします。胃腸の調子を整えたり、腸内ガスを排出する作用もあります。爪に栄養を与えてくれるので、ディルを煮出し、ネイルオイルやハンドバスに応用できます。

作用

  • 緩下作用
  • 解熱作用
  • 解毒作用
  • 利尿作用

適応

  • 弱い爪
  • 腸内ガス
  • 胃腸の不調

effects

 

有効成分

キサントン配糖体、精油など

 

注意事項・禁忌

通常の使用の範囲では安心して使えるハーブです。妊娠中の使用に関しては、問題は確認されていないものの、最終的な安全性は確立されていません。まれにアレルギーを引き起こすことがあります。

 

安全性クラス : 1(適切に使用する場合、安全に摂取することができるハーブ)
相互作用クラス: A(臨床的に関連のある相互作用が予測されないハーブ)

『メディカルハーブ安全性ブック第2版』

 

ディルの使い方

ティーの飲み方

小さじ1を潰し、5分蒸らす。

ハーブティー入れ方

 

症状別ハーブの使い方

母乳の出を良くするハーブブレンド

ディル、ダンデライオンミルクシスル

symptom

 

おすすめの使い方

ハーブティー、ネイルケア、ホームケア、バス、料理

herds_advanced1

 

 

 

次はこれを要チェック

herbsgardening  essentialoils vegetableoils floralwater

 

 

スポンサーリンク



 

 


注意点&免責事項:ここに掲載されている内容は、植物の治療や薬としての有効性を保証するものではありません。日々進化していく全ての情報を網羅しきれていない場合もございます。事故やトラブルに関してこのサイトは責任を負いかねますので、あくまでも自己責任にてご利用ください。持病をお持ちの方、妊娠中の方、お子様に使用する場合や、その他使用に不安のある方は、専門家や専門医に相談してください。
参考文献をみる
@Depositphotos.com/ ZanozaRu

コメントを残す