ルイボスの効果効能|ハーブティー・メディカルハーブ・スパイス事典

Rooibos

ルイボスの効果効能

目次

  1. キーワード&データ
  2. 特徴
  3. 有効成分
  4. 注意事項・禁忌
  5. ルイボスの使い方

 






 

キーワード&データ

キーワード:若さを保つ

名前 ルイボス、rooibos
和名 ルイボス
学名・読み方 Aspalathus linearis [アスパラトゥス・リネアリス]
科名 マメ科
使用部位

関連記事まとめ: #ルイボス

 

特徴

南アフリカのシェダーバーク山脈一帯のみにしか生息しない植物です。乾燥していて、30度以上の温度差がある場所を好むため、他の地域では育ちにくいという理由があります。古代に海に沈んでいた土地が、隆起したと考えられている地域でしか成長しないとも言われています。現地では不老長寿のお茶として古くから飲まれていました。学名のAspalathusは、ギリシャ語で「丈が低くて刺の多い低木」を意味するaspalathosが由来で、アスパラトゥス属を示します。linearisは、ラテン語で「まっすぐな糸、線」を意味するlinumが由来です。松のようなまっすぐな葉を持つことからきています。

ルイボスの効果効能

ルイボスは、フラボノイドを豊富に含み、老化の原因となる活性酸素を取り除く作用があるので、若さを保つのに最適なハーブです。また、アレルギー症状の緩和にも効果的で、花粉症、ぜんそく、アレルギー性皮膚炎にいいと言われています。代謝を促進するため、冷えや便秘の改善にも効きます。

作用

  • 整腸作用
  • 強壮作用
  • 抗酸化作用
  • 代謝促進作用

適応

  • 便秘
  • 冷え
  • アレルギー症状
  • 体質改善
  • 美白

effects

 

有効成分

フラボノイド(ルテオリン)、フラボノイド配糖体(アスパラチン)、タンニン、フェノール酸(カフェ酸)など

 

注意事項・禁忌

知られていません。

 

ルイボスの使い方

ティーの飲み方

小さじ1をお湯に入れ、5分蒸らす。

ハーブティー入れ方

 

症状別ハーブの使い方

アンチエイジングのハーブブレンド

ルイボス、カモミールジャーマンローズ

symptom

 

おすすめの使い方

ハーブティー、スキンケア

herds_advanced1

 

 

 

次はこれを要チェック

herbsgardening  essentialoils vegetableoils floralwater

 

 

スポンサーリンク



 

 


注意点&免責事項:ここに掲載されている内容は、植物の治療や薬としての有効性を保証するものではありません。日々進化していく全ての情報を網羅しきれていない場合もございます。事故やトラブルに関してこのサイトは責任を負いかねますので、あくまでも自己責任にてご利用ください。持病をお持ちの方、妊娠中の方、お子様に使用する場合や、その他使用に不安のある方は、専門家や専門医に相談してください。
参考文献をみる
@Depositphotos.com/ bit245

コメントを残す