メドウスイートの効果効能|ハーブティー・メディカルハーブ・スパイス事典

Meadowsweet

メドウスイートの効果効能

目次

  1. キーワード&データ
  2. 特徴
  3. 有効成分
  4. 注意事項・禁忌
  5. メドウスイートの使い方

 






 

キーワード&データ

キーワード:鎮痛、解熱に

名前 メドウスイート、meadowsweet
和名 セイヨウナツユキソウ(西洋夏雪草)
学名・読み方 Filipendula ulmaria [フィリペンデュラ・ウルマリア]
科名 バラ科
使用部位 全草
ジェンダー 男性
惑星 木星
四大元素
性質 熱・湿
チャクラ 第7チャクラ

関連記事まとめ:#メドウスイート

 

特徴

草丈2m程になる多年草です。サリチル酸という成分が多く含まれます。現在鎮痛や解熱用に広く使われているアスピリンは、このサリチル酸が原料で、メドウスイートから初めて分離されました。学名の由来はメドウスイートの花言葉をご覧ください。

スピリチュアルなストーリー

家の周りにメドウスイートを散らしておくと、平和が保たれると言われていました。

感情面にもたらす効果

メドウスイートは、外の世界から身を守るために壁を作ってしまった人に向いているハーブです。リラックスできない人、頑なになりすぎてしまっている人、心をオープンにできない人に向いています。温め、緩やかに心を開く手助けをしてくれます。性に対する恐怖がある人、自意識が強い女性、極端に恥ずかしがりやな女性などに対して、内面の強さを築き、地震が持てる手助けをしてくれます。

メドウスイートの効果効能

鎮痛作用にとても優れます。頭痛・腹痛・筋肉痛など、あらゆる体の痛みに効きます。同時に炎症を抑える効果もあるため、関節炎や胃炎などにもいいです。胃酸調整作用が胃酸過多を和らげ、その他にも下痢、腹部膨張、胸焼けなどの消化器系のトラブルにも効きます。発汗作用、解熱作用にも優れるので、風邪の初期に症状を緩和します。利尿作用と殺菌作用は、膀胱炎、尿道炎を防ぎ、むくみやリウマチにも効果的です。

作用

  • 利尿作用
  • 解熱作用
  • 鎮痛作用
  • 胃酸調整作用
  • 収れん作用
  • 消炎作用

適応

  • 頭痛
  • 腹痛
  • 筋肉痛
  • 関節炎
  • 胃炎
  • 風邪

effects

 

有効成分

サリチル酸、精油、フラボノイド、タンニン、ビタミン、粘液質、糖類など

 

注意事項・禁忌

通常の使用の範囲では安心して使えるハーブです。授乳中の使用に関しては、問題は確認されていないものの、最終的な安全性は確立されていません。アスピリン、サリチル酸を含有する薬に感受性のある人は避けてください。

 

安全性クラス : 1(適切に使用する場合、安全に摂取することができるハーブ)
相互作用クラス: A(臨床的に関連のある相互作用が予測されないハーブ)

『メディカルハーブ安全性ブック第2版』

妊娠中・授乳中は、専門医のアドバイスのもと使用すべき

『ESCOP Monographs』

 

メドウスイートの使い方

ティーの飲み方

小さじ1をお湯に入れ、5分蒸らす。

ハーブティー入れ方

 

症状別ハーブの使い方

発熱時の発汗に

  1. 大さじ1の生薬に150mlの沸騰したお湯を注ぐ
  2. 10分蒸らし、きれいに濾す
  3. 熱いうちに十分な量を飲用する

『フィトセラピー植物療法事典』

風邪による発熱のためのハーブブレンド

メドウスイート、エルダーフラワーカモミールジャーマン

symptom

 

おすすめの使い方

ハーブティー、ホームケア

herds_advanced1

 

 

 

次はこれを要チェック

herbsgardening  essentialoils vegetableoils floralwater

 

 

スポンサーリンク



 

 


注意点&免責事項:ここに掲載されている内容は、植物の治療や薬としての有効性を保証するものではありません。日々進化していく全ての情報を網羅しきれていない場合もございます。事故やトラブルに関してこのサイトは責任を負いかねますので、あくまでも自己責任にてご利用ください。持病をお持ちの方、妊娠中の方、お子様に使用する場合や、その他使用に不安のある方は、専門家や専門医に相談してください。
参考文献をみる
@Depositphotos.com/ adisa

コメントを残す