レディースマントルの効果効能|ハーブティー・メディカルハーブ・スパイス事典

Lady's_mantle

レディースマントルの効果効能

目次

  1. キーワード&データ
  2. 特徴
  3. 有効成分
  4. 注意事項・禁忌
  5. レディースマントルの使い方

 






 

キーワード&データ

キーワード:女性の様々な不調に

名前 レディースマントル、lady’s mantle
和名 ハゴロモグサ(羽衣草)
学名・読み方
  • Alchemilla vulgaris [アルケミラ・ウルガリス]
  • Alchemilla xanthochlora [アルケミラ・サントコロラ]
科名 バラ科
使用部位 地上部
ジェンダー 女性
惑星 金星
四大元素
性質 熱・乾
チャクラ 第2, 6チャクラ

関連記事まとめ: #レディースマントル

 

特徴

草丈60cm程の多年草です。東ヨーロッパからアジアが原産です。葉の形が聖母マリアのマントを広げたように見えることから、レディースマントルという名前になったと言われています。ladyがつく植物は全て聖母マリアに捧げられ、神聖な植物と考えられています。学名のAlchemillaは、ラテン語のalchymiaやギリシャ語のchemeia、アラビア語のalkemelychといった「錬金術」を意味する言葉が語源と言われてて、錬金術に用いられていたことを意味します。vulgarisは他の植物にもよく見られる種小名ですが、ラテン語で「普通の」を表すvulgarisからきています。

スピリチュアルなストーリー

カルペパーは、炎症を起こした傷に有効としました。外用で使うと傷跡を残すことなくきれいに傷を治すとしていました。蒸留水を20日間連続で飲むと、妊娠を安定させて出産へ導くと述べました。

感情面にもたらす効果

前述の学名の説明のように、レディースマントルは錬金術のハーブです。そのため、違う領域への移行がうまくいかない人や、今の状況に縛られてしまっている人に向いています。また、チャレンジが不安で行動できない時や、特定の人間関係や過去と決別したいときにも助けになります。第6チャクラに作用し、明確なビジョンを与え、行動する勇気を与えます。出産、チャレンジなど、エネルギーと忍耐が必要な時に助けてくれます。さらに、絶望、死、トラウマに直面している時も使えます。第2チャクラとも関わるので、創造性を発揮できるように手助けもしてくれます。

レディースマントルの効果効能

名前の通り、女性の不調にとても効果的なハーブです。月経不順、月経痛、月経過多、更年期などの症状を調整します。出産時は陣痛を促し、産後には母体の回復を助けるために飲まれます。また、優れた収斂作用があり、胃腸炎などの消化器系の炎症や下痢にもいいと言われています。口内環境を整える作用もあり、歯茎の出血や口内炎、喉の傷みの緩和にいいです。

作用

  • 収斂作用
  • 止血作用
  • 消炎作用
  • 抗炎症作用
  • 通経作用

適応

  • 口内炎
  • 湿疹
  • 虫刺され
  • 月経不順
  • 月経痛
  • 月経過多
  • 更年期障害
  • 胃腸炎

effects

 

有効成分

タンニン、精油、サリチル酸、苦味質など

 

注意事項・禁忌

通常の使用の範囲では安心して使えるハーブです。妊娠中・授乳中の使用に関しては、問題は確認されていないものの、最終的な安全性は確立されていません。

 

安全性クラス : 1(適切に使用する場合、安全に摂取することができるハーブ)
相互作用クラス: A(臨床的に関連のある相互作用が予測されないハーブ)

『メディカルハーブ安全性ブック第2版』

 

レディースマントルの使い方

ティーの飲み方

小さじ2をお湯に入れ、7分蒸らす。

ハーブティー入れ方

 

症状別ハーブの使い方

おりものに

  1. 50gの生薬に500mlの沸騰したお湯を注ぐ
  2. 10分蒸らし、きれいに濾す
  3. 患部を洗浄する

『フィトセラピー植物療法事典』

月経過多のためのハーブブレンド

レディースマントル、フィーバーユーヤロウ

symptom

 

おすすめの使い方

ハーブティー、スキンケア、ホームケア、料理

herds_advanced1

 

 

 

次はこれを要チェック

herbsgardening  essentialoils vegetableoils floralwater

 

 

スポンサーリンク



 

 


注意点&免責事項:ここに掲載されている内容は、植物の治療や薬としての有効性を保証するものではありません。日々進化していく全ての情報を網羅しきれていない場合もございます。事故やトラブルに関してこのサイトは責任を負いかねますので、あくまでも自己責任にてご利用ください。持病をお持ちの方、妊娠中の方、お子様に使用する場合や、その他使用に不安のある方は、専門家や専門医に相談してください。
参考文献をみる
@Depositphotos.com/ Raduska

コメントを残す