シナモンの効果効能|ハーブティー・メディカルハーブ・スパイス事典

cinnamon

シナモン

目次

  1. キーワード&データ
  2. 植物の特徴
  3. スピリチュアルなストーリー
  4. シナモンの効果効能
  5. ハーブティーの飲み方
  6. 症状別ハーブのブレンド
  7. おすすめ使い方

 






 

キーワード&データ

血行促進、消化促進に

 

名前 シナモン、桂皮、ニッケイ、Cinnamon
学名 Cinnamomum zeylanicum
科名 クスノキ科
使用部位 樹皮
注意事項 妊娠中の人は避ける、長期飲用は避ける
シナモン独特の、ほのかに甘みのある、スパイシーな風味
成分 精油、タンニン、粘液質、ゴム質、糖類、樹脂、シュウ酸カルシウム、クマリン
ジェンダー 男性
惑星 太陽
四大元素

関連記事まとめ: #シナモン

 

特徴

樹高13m程になる高木です。熱帯地方が原産です。世界の3大スパイスとして、クローブ、コショウと共に広く知れ渡っています。古代エジプトでは、防腐作用と殺菌作用が知られ、ミイラを保存する薬剤として使用していました。

 

スピリチュアルなストーリー

ローマ神話では女神ヴィーナスと結びつけられていました。古代ヘブライ人はシナモンを聖油の一つとして扱っていました。古代ローマでは寺院の装飾に使われ、エジプトではミイラの防腐剤として使用されました。古くから色々な文化で重宝されていました。高い次元へのエネルギーと調和すると考えられていました。治療の効果を高めたり、金運を引き寄せたり、悪いものから守ってくれると言われています。

 

シナモンの効果効能

血行促進に優れるので、冷え性のひとにおすすめのハーブです。悪寒や発熱時にもいいです。粘液の排出を促進するので、同時に風邪の症状も緩和してくれます。また、消化促進の作用にも優れるので、食後に飲むことで胃腸をサポートしてくれます。神経強壮や弛緩作用が働き、精神面では不安な気持ちを取り除いてくれ、落ち着かせてくれます。

体への効能
  • 消化促進作用
  • 弛緩作用
  • 神経強壮作用
  • 駆風作用
  • 抗菌作用
  • 殺菌作用
  • 血糖調整作用
  • 強壮作用
  • 発汗作用
  • 血行促進作用
  • 鎮痙作用
  • 収斂作用

effects

 

シナモンティーの飲み方

スティックは砕き、3分煮出し、7分蒸らす。

ハーブティー入れ方

 

症状別ハーブのブレンド

風邪に エキナセアジンジャー
冷え ジンジャーローズマリー
鼻水に タイム

symptom

 

おススメ使い方

ハーブティー、ホームケア、芳香浴、料理

herds_advanced1

 

 

 

次はこれを要チェック

herbs essentialoils vegetableoils floralwater

 

 

スポンサーリンク



 

 


注意点&免責事項:ここに掲載されている内容は、ハーブの治療や薬としての有効性を保証するものではありません。事故やトラブルに関してこのサイトは責任を負いかねますので、あくまでも自己責任にてご使用をお願いいたします。持病をお持ちの方、妊娠中の方、お子様に使用する場合や、その他使用に不安のある方は、専門家や専門医に相談することをお勧めいたします。

参考文献をみる

画像@ Depositphotos.com/HandmadePicture

コメントを残す