マジョラムの効果効能|ハーブティー・メディカルハーブ・スパイス事典

Marjoram

マジョラムの効果効能

目次

  1. キーワード&データ
  2. 特徴
  3. 有効成分
  4. 注意事項・禁忌
  5. マジョラムの使い方

 






 

キーワード&データ

キーワード:リラックス

名前 マジョラム、スイートマジョラム、marjoram
和名 マヨラナ
学名・読み方 Origanum majorana [オリガヌム・マヨラナ]
科名 シソ科
使用部位
ジェンダー 男性
惑星 水星
四大元素
性質 熱・乾

関連記事まとめ: #マジョラム

 

特徴

マジョラムは古代から使用されてきたハーブです。古代エジプトでは防腐剤として使われていました。ギリシャでは強壮剤や解毒剤として使用されました。学名Origanumの由来はマジョラムの花言葉をご覧ください。majoranaの由来は様々な説がありますが、ラテン語のmajorが由来という説があります。「大きい」を意味するmagnusの比較級で、英語のmajorと同じです。ハーブの「より長い生命を与える」という作用とつなげて考えられています。

スピリチュアルなストーリー

ローマ神話では女神ヴィーナス、ギリシャ神話では女神アプロディーテに結び付けられていました。どちらも愛や美を象徴する女神です。古くから愛情を深めるためのハーブとして用いられていました。 持ち歩くことでネガティブなエネルギーから守ってくれるとも言われています。落ち込んでいる人にあげると元気をもたらしてくれると信じられていました。カルペパーは、水星が支配するハーブとし、水星が司る体の部分に(脳、舌、手、足など)に対してとても優れた治療薬としました。温める性質があるので、冷えがもたらす疾患を落ちつかせるとしました。

マジョラムの効果効能

神経を鎮静させ、心を穏やかにする働きがあります。 体を温め、鎮静させてくれるので、体と心の緊張を緩めてくれます。そのため安眠作用にも優れます。毒素を排出し、肝機能を高める働きもあります。ストレスからくる肩こり、腰痛、便秘、頭痛にもいいと言われています。鎮静作用は咳や気管支炎を抑えることにも役立ちます。

作用

  • 加温作用
  • 鎮静作用
  • 安眠作用
  • 消炎作用
  • 鎮痛作用
  • 強壮作用
  • 利尿作用
  • 消化促進作用
  • 鎮痙作用
  • 食欲増進作用
  • 強肝作用

適応

  • 緊張
  • 不眠症
  • ストレスからの不調
  • 気管支炎

effects

 

有効成分

精油、フラボノイド、タンニン、苦味質、樹脂など

 

注意事項・禁忌

通常の使用の範囲では安心して使えるハーブです。妊娠中・授乳中の使用に関しては、問題は確認されていないものの、最終的な安全性は確立されていません。

 

安全性クラス : 1(適切に使用する場合、安全に摂取することができるハーブ)
相互作用クラス: A(臨床的に関連のある相互作用が予測されないハーブ)

『メディカルハーブ安全性ブック第2版』

 

マジョラムの使い方

ティーの飲み方

小さじ1をお湯に入れ、7分蒸らす。

ハーブティー入れ方

 

症状別ハーブの使い方

緊張緩和のためのハーブブレンド

マジョラム、セントジョーンズワートリンデン

symptom

 

おすすめの使い方

ハーブティー、ホームケア

herds_advanced1

 

 

 

次はこれを要チェック

herbsgardening  essentialoils vegetableoils floralwater

 

 

スポンサーリンク



 

 


注意点&免責事項:ここに掲載されている内容は、植物の治療や薬としての有効性を保証するものではありません。日々進化していく全ての情報を網羅しきれていない場合もございます。事故やトラブルに関してこのサイトは責任を負いかねますので、あくまでも自己責任にてご利用ください。持病をお持ちの方、妊娠中の方、お子様に使用する場合や、その他使用に不安のある方は、専門家や専門医に相談してください。
参考文献をみる
@Depositphotos.com/ scis65

コメントを残す