レモンバーベナの効果効能|ハーブティー・メディカルハーブ・スパイス事典

lemonverbena

レモンバーベナの効果効能

目次

  1. キーワード&データ
  2. 特徴
  3. 有効成分
  4. 注意事項・禁忌
  5. レモンバーベナの使い方

 






 

キーワード&データ

キーワード:精神的な疲れを癒す

名前 レモンバーベナ、ベルベーヌ、lemon verbena
和名 コウスイボク(香水木)、ボウシュウボク(防臭木)
学名・読み方
  • Aloysia triphylla [アロイシア・トリフィラ]
  • Lippia citriodora [リッピア・キトリオドラ]
科名 クマツヅラ科
使用部位
ジェンダー 男性
惑星 水星
四大元素

関連記事まとめ: #レモンバーベナ

 

特徴

レモンバーベナは樹高3m程の低木です。南米が原産です。レモンに似た柑橘系の香りは、精神的な部分によく働きかけ、癒しのハーブとして広く使われています。日本では香水木や防臭木という名前があります。香水木は香水の原料になったことが由来です。防臭木は、明治末にコレラが流行ったときに、コレラ除けとして使用されたことからきています。

スピリチュアルなストーリー

レモンバーベナは愛情や浄化の力と結びつけられていました。レモンバーベナを持ち歩くと、異性を引き付ける魅力が増すと言われていました。また、浄化の力があるので、お風呂に入れると心機一転になるとして使われていました。ほかのハーブと一緒に使用することで、一緒に使用するハーブの力を高める力があると言われていました。

レモンバーベナの効果効能

レモンバーベナは、不安や緊張を解き、心身のこわばりを取り除き、疲れを取り除いてくれるハーブです。リラックスを目的に、夕食後から就寝前に飲む「イブニングティー」として親しまれています。消化器系に働きかけるため、消化不良、吐き気、乗り物酔いといった胃腸の不調にもいいです。 食後に飲むことで消化促進をしてくれます。

作用

  • 緩和作用
  • 鎮静作用
  • 消化促進作用

適応

  • 食欲不振
  • 消化不良
  • 軽い興奮

effects

 

有効成分

精油、フラボノイドなど

 

注意事項・禁忌

通常の使用の範囲では安心して使えるハーブです。妊娠中・授乳中の使用に関しては、問題は確認されていないものの、最終的な安全性は確立されていません。

 

安全性クラス : 1(適切に使用する場合、安全に摂取することができるハーブ)
相互作用クラス: A(臨床的に関連のある相互作用が予測されないハーブ)

『メディカルハーブ安全性ブック第2版』

 

レモンバーベナの使い方

ティーの飲み方

大さじ1をお湯に入れ、5分蒸らす。

ハーブティー入れ方

 

症状別ハーブの使い方

リラックスのためのハーブブレンド

レモンバーベナ、ペパーミントレモンバーム

symptom

 

おすすめの使い方

ハーブティー、ホームケア、バス、芳香浴、料理

herds_advanced1

 

 

 

次はこれを要チェック

herbsgardening  essentialoils vegetableoils floralwater

 

 

スポンサーリンク



 

 


注意点&免責事項:ここに掲載されている内容は、植物の治療や薬としての有効性を保証するものではありません。日々進化していく全ての情報を網羅しきれていない場合もございます。事故やトラブルに関してこのサイトは責任を負いかねますので、あくまでも自己責任にてご利用ください。持病をお持ちの方、妊娠中の方、お子様に使用する場合や、その他使用に不安のある方は、専門家や専門医に相談してください。
参考文献をみる
@Depositphotos.com/ viperagp

コメントを残す