ヤロウ(ヤロー)の効果効能|ハーブティー・メディカルハーブ・スパイス事典

yallow

ヤロウの効果効能

目次

  1. キーワード&データ
  2. 特徴
  3. 有効成分
  4. 注意事項・禁忌
  5. ヤロウの使い方
  6. アーユルヴェーダからみた使い方

 






 

キーワード&データ

キーワード:傷や消化不良に

名前 ヤロウ、ヤロー、yarrow
和名 セイヨウノコギリソウ(西洋鋸草)
学名・読み方 Achillea millefolium [アキレア・ミレフォリウム]
科名 キク科
使用部位 葉・花
ジェンダー 女性
惑星 金星
四大元素
性質 寒・乾

関連記事まとめ:#ヤロウ

 

特徴

ヤロウは草丈1m程になる多年草です。ヨーロッパが原産で、小さな白い花を咲かせます。学名のAchilleaはギリシャ神話のアキレスが、ヤロウを兵士の止血に使用したことに由来しています。millefolium は、ラテン語で「1000」を意味するgearweが由来です。葉が細かく分かれていることからきています。

スピリチュアルなストーリー

ヤロウを持っていると、恋愛を引き寄せたり、会いたい友人や知人を引き寄せてくれると言われていました。また、ネガティブなエネルギーを浄化してくれ、それは空間やモノ、人など様々な場合に有効と信じられていました。カルペパーは、軟膏として使うと炎症を起こした傷にいいとしました。白ワインで煮た煎じ汁は、月経や下血を止めるとしました。

ヤロウの効果効能

ヤロウは様々な効能が期待できます。胃、腸、胆系の機能障害からの食欲不振や消化不良に使われます。肝臓の疾患に対する科学的な詳細はまだ分かっていないものの、強壮矯味薬としての作用、消炎、駆風、鎮痙作用により、肝臓病の上腹部の障害に有効とされています。発汗作用があるので、熱を伴う風邪などの感染症に効きます。外用としては、軽いけがや火傷に使用すると、止血され早く治ると言われています。治りにくい傷や皮膚の炎症にも効果的です。月経困難症や、自立神経の障害による婦人科系のトラブルにも使われます。生理痛や自律神経系の緊張には坐浴が推奨されています。

作用

  • 消炎作用
  • 鎮静作用
  • 鎮痙作用
  • 健胃作用
  • 発汗作用
  • 利胆作用
  • 抗菌作用
  • 収斂作用
  • 利尿作用
  • 止血作用
  • 創傷治癒作用

適応

  • 食欲不振
  • 消化不良
  • 胃アトニー
  • 胃炎
  • 生理痛
  • 難治性外傷

effects

 

有効成分

精油、苦味アルカロイド(アキレイン)、フラボノイド(アピゲニン、ルテオリン)、タンニン、クマリン類など

 

注意事項・禁忌

通常の使用の範囲では安心して使えるハーブです。妊娠中・授乳中の使用に関しては、問題は確認されていないものの、最終的な安全性は確立されていません。キク科アレルギーの人は注意してください。

 

安全性クラス : 1(適切に使用する場合、安全に摂取することができるハーブ)
相互作用クラス: A(臨床的に関連のある相互作用が予測されないハーブ)

『メディカルハーブ安全性ブック第2版』

妊娠中・授乳中は、専門医のアドバイスのもと使用すべき

『ESCOP Monographs』

 

ヤロウの使い方

ティーの飲み方

小さじ1をお湯に入れ、5分蒸らす。

ハーブティー入れ方

 

症状別ハーブの使い方

月経困難症に

  1. 大さじ1の生薬に1カップの沸騰したお湯を注ぐ
  2. 5分蒸らし、きれいに濾す
  3. 1日数杯飲用する

『フィトセラピー植物療法事典』

血行改善のためのハーブブレンド

ヤロウ、エルダーフラワージンジャー

symptom

 

おすすめの使い方

ハーブティー、スキンケア、ホームケア、バス

herds_advanced1

 

アーユルヴェーダからみた使い方

名前:ヤロウ|Gandana

ヤロウは、収れん作用と鎮痙作用に優れ、身体を冷ます発汗や解熱にいいハーブです。風邪、インフルエンザ、感染症の時の、熱や炎症が辛いときに向きます。また、体内、体外ともに出血を抑えます。月経過多や月経痛を緩和します。ヤロウはピッタの過剰、胆汁、消化器系の炎症を減少させます。そして粘膜を増強させることを助けます。鎮静と神経への作用があるので、明晰性や直観力を与えてくれます。ペパーミントとのブレンドは発汗によく、セージとのブレンドは収れんや神経の鎮静にいいです。カモミールとのブレンドは腹痛に効果的です。ヴァータ過剰の時の使用には注意してください。

学名 Achillea millefolium
使用部位 葉、花
ドーシャエネルギー PK-, (過剰摂取の場合V+)
6つのラサ 苦味、渋味、辛味
ヴィールヤ(消化中のエネルギー) 冷却
ヴィパーカ(消化後の味) 辛味
ダートゥ(組織への影響) リンパ、血液、筋肉
系統 循環器系、呼吸器系、消化器系

 

 

 

次はこれを要チェック

herbsgardening  essentialoils vegetableoils floralwater

 

 

スポンサーリンク



 

 


注意点&免責事項:ここに掲載されている内容は、植物の治療や薬としての有効性を保証するものではありません。日々進化していく全ての情報を網羅しきれていない場合もございます。事故やトラブルに関してこのサイトは責任を負いかねますので、あくまでも自己責任にてご利用ください。持病をお持ちの方、妊娠中の方、お子様に使用する場合や、その他使用に不安のある方は、専門家や専門医に相談してください。
参考文献をみる
@Depositphotos.com/ ileana_bt

コメントを残す