ラベンダーの効果効能|ハーブティー・メディカルハーブ・スパイス事典

lavender

ラベンダー

目次

  1. キーワード&データ
  2. 植物の特徴
  3. スピリチュアルなストーリー
  4. ラベンダーの効果効能
  5. ハーブティーの飲み方
  6. 症状別ハーブのブレンド
  7. おすすめ使い方

 






 

キーワード&データ

リラックス

 

名前 ラベンダー、Lavender
学名 Lavandula angustifolia
科名 シソ科
使用部位
注意事項 特になし
甘みがあり、すがすがしい花の香り
成分 フラボノイド、タンニン、クマリン、精油
ジェンダー 男性
惑星 水星
四大元素

関連記事まとめ: #ラベンダー

 

特徴

樹高1m程になる低木で、地中海地方が原産です。100種類以上の品種があると言われています。古くから香料や医療に使われてきて、「ハーブの女王」とも呼ばれるハーブの代表です。様々な効能があります。

 

スピリチュアルなストーリー

ラベンダーは古くから様々な力と結びつけられてきました。恋愛や愛情に関わる力があると信じられ、男性を魅了するためにじょせいが香りをまとっていました。また、花を燃やすとよい睡眠が得られ、家の周りにあると円満な家庭が築けます。またラベンダーの香りは長寿にもいいと言われていました。 枕の下にラベンダーを入れ、願い事を考えながら寝ると、願いがかなうとも言われています。

 

ラベンダーの効果効能

リラックスさせる作用に優れます。不安や緊張を緩め、バランスを保たせてくれます。ストレスが原因の頭痛、めまいや不眠、消化不良や吐き気にもいいです。呼吸器系にも働きます。スキンケアにも有効で、傷の治療や肌トラブルに効果があります。 熱を伴う風邪やインフルエンザの症状には、発汗し熱を下げ、毒素を排出する作用が働きます。

体への効能
  • 鎮静作用
  • 鎮痙作用
  • 抗菌作用
  • 鎮痛作用
  • 安眠作用
  • 駆風作用
  • 抗うつ作用
  • 神経強壮作用
肌への効能
  • 創傷治癒作用
その他
  • 防腐作用
  • 殺菌作用

effects

 

ラベンダーティーの飲み方

小さじ1をお湯に入れ、7分蒸らす。香りが強いので、ブレンドに向いています。

ハーブティー入れ方

 

症状別ハーブのブレンド

肩こりに ハイビスカスローズマリー
不安の緩和 オレンジブロッサムレモンバーム
偏頭痛に オレガノパッションフラワー

symptom

 

おススメ使い方

ハーブティー、スキンケア、ホームケア、ヘアケア、バス、芳香浴、料理

herds_advanced1

 

 

 

次はこれを要チェック

herbs essentialoils vegetableoils floralwater

 

 

スポンサーリンク



 

 


注意点&免責事項:ここに掲載されている内容は、ハーブの治療や薬としての有効性を保証するものではありません。事故やトラブルに関してこのサイトは責任を負いかねますので、あくまでも自己責任にてご使用をお願いいたします。持病をお持ちの方、妊娠中の方、お子様に使用する場合や、その他使用に不安のある方は、専門家や専門医に相談することをお勧めいたします。
参考文献をみる
画像@ Depositphotos.com/elenathewise

コメントを残す