ローズマリーの効果効能|ハーブティー・メディカルハーブ・スパイス事典

rosemary

ローズマリー

目次

  1. キーワード&データ
  2. 植物の特徴
  3. スピリチュアルなストーリー
  4. ローズマリーの効果効能
  5. ハーブティーの飲み方
  6. 症状別ハーブのブレンド
  7. おすすめ使い方

 






 

キーワード&データ

若がえり、集中力アップ

 

名前 ローズマリー、マンネンロウ、Rosemary
学名 Rosmarinus officinalis
科名 シソ科
使用部位
注意事項 妊娠中・高血圧の人の飲み過ぎ、長期飲用は避ける
少し苦味も混ざったすっきりとした風味
成分 精油、フラボノイド、フェノール酸、タンニン、カルノシン酸、ロスマリン酸、トリテルペン酸、苦味質等
ジェンダー 男性
惑星 太陽
四大元素

関連記事まとめ: #ローズマリー

 

特徴

2m程の樹高になる低木です。地中海沿岸が原産です。古くから料理、医療として様々に使われてきました。日本では若さを取り戻すハーブとして、永遠の青年を意味する「万年郎(まんねんろう)」と言われました。

 

スピリチュアルなストーリー

ローズマリーは古くから、守護・浄化・ヒーリング・魔除け・若返りなど、様々な力と結びつけられてきました。 燃やすことでその場の浄化になったり、持ち歩けば悪い運気から守ってくれ、寝室に置けばいい夢を見ながら眠れると信じられています。

 

ローズマリーの効果効能

ローズマリーには様々な効能があります。古くから若返りとして使用されてきたように、優れた抗酸化作用があります。代謝を活性してくれるので、活力を高めたり、疲労回復、血行促進に有効です。風邪の引きはじめや過労の際に飲むといいでしょう。脳の働きの活性 にもつながり、記憶力・集中力アップを促します。

体への効能
  • 抗酸化作用
  • 去痰作用
  • 鬱滞除去作用
  • 血行促進作用
  • 消化促進作用
  • 収斂作用
  • リラックス作用
  • 駆風作用
  • 抗痙攣作用
  • 抗うつ作用
  • 利尿作用
  • 殺菌作用
肌への効能
  • 老化防止作用
その他
  • 防腐作用
  • 育毛促進作用

effects

 

ローズマリーティーの飲み方

小さじ1をお湯に入れ、7分蒸らす。

ハーブティー入れ方

 

症状別ハーブのブレンド

集中力アップ ヒソップペパーミント
気分転換に タイムレモンバーム
冷えに シナモンジンジャー

symptom

 

おススメ使い方

ハーブティー、スキンケア、ホームケア、ヘアケア、バス、芳香浴、料理

herds_advanced1

 

 

 

次はこれを要チェック

herbs essentialoils vegetableoils floralwater

 

 

スポンサーリンク



 

 


注意点&免責事項:ここに掲載されている内容は、ハーブの治療や薬としての有効性を保証するものではありません。事故やトラブルに関してこのサイトは責任を負いかねますので、あくまでも自己責任にてご使用をお願いいたします。持病をお持ちの方、妊娠中の方、お子様に使用する場合や、その他使用に不安のある方は、専門家や専門医に相談することをお勧めいたします。
参考文献をみる
画像@ Depositphotos.com/svetas

コメントを残す