「無添加」は安心?|本当に「いい」商品を選ぶ目利き術

mutenka

本当に「いい」商品を選ぶために

体に優しいものを使った商品を選択する人が年々とても増えています。そのような流れにのって、「自然」や「安全」にこだわった商品のように見せかけて、全く違うような商品が増えているのも事実です。

商品の謳い文句に影響されて、知らずに自分が好まない商品を使っていることがあったらとても怖いと思います。私たち消費者は、しっかりとした知識を持って、どこまでこだわるかの線引きをしっかりしたうえで、商品を選ばなくてはなりません。今回は、「無添加」について、自分のこだわりに合った商品をきちんと選べるための「目利き術」をお伝えしていきます。

 






 

「無添加」は必ずしも体に優しくない

今回は特に化粧品にポイントを置きます。「無添加」が売りの商品は沢山あります。私たちが「無添加」と聞くと、刺激が少ない、合成成分が入っていない、天然成分で作られている・・・といった商品を連想しがちです。ですが、まず大切なことは、全ての無添加商品が、優しい成分でできている商品ではないということです。むしろ、他の無添加をうたっていない商品と同じか、それより沢山の合成成分が使われている場合さえあります。

 

「何が無添加なのか」を見分ける

では、何が無添加なのか?それには決まりがなく、その商品ごとに定義が異なっています。なので、独自の定義である成分を「無添加」にした場合、他の成分が何であっても「無添加」商品となるわけです。私たちは、その商品において「何が無添加なのか」を知ることが大切です。一例をあげてみます。

合成着色料のみが無添加

合成着色料は、食品や化粧品の着色のために、化学的に合成されて作られた着色料です。赤色2号、赤202・・・といった表示で表されます。種類によって、発がん性やアレルギーを引き起こすと言われていて、できるだけ避けたほうがいいという認識をもつ人が多いです。それに伴い、「合成着色料無添加」の商品が多く見られるようになりました。

旧表示指定成分が無添加

旧表示指定成分とは、旧厚生省が定めた、アレルギーを引き起こす可能性のある成分のことです。現在は化粧品の成分は全て表示する義務がありますが、それ以前は、その表示指定成分が含まれている場合は、それらを表示する義務がありました。(表示指定成分以外は表示しなくてよかったということです。)国がアレルギーを引き起こすと認めた成分ですが、基準以下の量では使用しても大丈夫です。それを使っていないことを強調するために、旧表示指定成分を使っていない商品を「無添加」という場合があります。

日本は102種類を定めていましたが、ヨーロッパでは5000種程が指定成分になっています。それを考えると、旧表示成分を使用していなくても、身体によくないと何かしらの形で認められている成分がとても沢山あることが分かります。

シリコンが無添加

シリコンが有害だ、という情報が至る所で聞かれ、ノンシリコンという言葉がシャンプーをはじめ、色々な商品に見られるようになりました。シリコンは、石油系の合成成分で、表面をコーティングする役割で添加されます。化粧品にも含まれます。シリコン成分は、ジメチコン、メチコン、シクロメチコン、シリル、シロキ、シリカと言った名前で表されるか、成分名の一部に入っているものです。シリコンが本当に害があるか、安全なのかは色々な意見があるので、ここでは省きます。しかし、事実としてノンシリコンを好む消費者が多いことから、シリコンを使用していないものを「無添加」として売っている商品が沢山あります。

界面活性剤が無添加

界面活性剤は、乳化剤や洗浄剤として、多くの洗剤や化粧品、シャンプーなどに含まれています。種類が沢山あり、一概にすべての界面活性剤がよくないとは言えないですが、肌に良くない、環境に良くない、などといったイメージが多いのも事実です。そういったことから、界面活性剤を使わない商品を「無添加」として売っている場合があります。成分の表示名は沢山ありますが、ラウリル硫酸Na、ラウレス硫酸Naなどもその一つです。

合成香料が無添加

化粧品や雑貨、トイレタリーなど、様々な商品に香りがついています。安価なものに使われている香りは殆どが石油から作られた合成の香りです。香りは鼻から吸い込み体に吸収されるので、その安全性を気にする人が多いです。化粧品に含まれる合成香料が肌のトラブルの原因になる場合もあるようです。そういった関心の高まりにより、合成香料を使わない商品を「無添加」という場合があります。

合成保存料・防腐剤が無添加

合成保存料や防腐剤の成分で、アレルギーを引き起こす可能性があるものがある、という認識が広まり、それらを避ける人が増えています。合成保存料は、食品、化粧品をはじめ、ほとんどの商品に含まれます。パラベン、安息香酸、安息香酸ナトリウム・・など沢山の種類があります。それらを使わないと、消費期限が一気に短くなってしまいます。それでも身体への安全性の方を考慮する人が増えています。これらを使わない、合成保存料フリーの商品を「無添加」という場合があります。

 

いい無添加商品の見分け方

mutenka2

「何が無添加か」が分かったら、次は「それ以外の成分に何が使われているか」が分かれば、その商品が本当に自分のこだわりに合っているものなのかが分かります。特に化粧品は人それぞれで合うものが違うため、どこまでこだわるかは人により違います。沢山の成分があり、一概に合成成分が悪いとも言えないですし、天然成分が全ていいとも限りません。なのでここでは一つの判断基準の例を挙げることにします。

まずは成分表示をチェック

上にあげた、旧表示指定成分・シリコン・界面活性剤・合成香料・合成着色料・合成保存料などの中で、自分がこだわる部分が含まれているかどうかをチェックするには、成分表示を見るしかありません。化粧品は成分全表示が義務づけられ、配合の多いものから順に書かれています。

各認証の指定成分を参考に

オーガニックやナチュラル化粧品などの認証がとられているかどうかも参考になります。エコサートやACO、USDA等沢山の種類があります。各認証では、合成成分は使用不可、合成保存料は使用不可・・・といった独自のガイドラインが設けられています。厳しいものから比較的緩い規則のものもあるので、自分に合った認証をクリアした商品を選ぶというのもいいと思います。

信頼できるブランドを参考に

独自のブランドごとにガイドラインがある場合があります。自分に合ったガイドラインを設けた信用あるブランドから購入するのもいいと思います。

 

「無添加」がかえって危険な場合も

このようなことから、「無添加」という一見安全そうな商品でも、実は無添加を強調していない他の商品と殆どかわらなかったり、むしろより心配な成分が含まれていることがよくあることが分かります。何かの成分を無添加にすると、それに代わる他の成分が使われることになり、それが安全かどうかは分からないのです。

また、いくら「無添加」にこだわっていたとしても、逆にトラブルが起こる場合もあります。例えば、合成保存料が無添加の場合、それに代わる保存料が入っていない場合、腐敗しやすくなります。腐敗してしまったものを使うことは、なによりも危険です。

無添加が絶対いい、悪い、といった極端な判断をせず、商品の本質を見抜いて購入することが大切です。

 

 

スポンサーリンク



 

 


画像@ Depositphotos.com/fikmik, motorolka

 

コメントを残す