雨水|二十四節気と七十二候

usui

雨水 うすい

二十四節気の雨水は、雪が雨へと変わり、氷が解けだす頃です。昔は農耕を始める目安となる時期でした。新暦では2/18頃にあたります。

旬の食べ物は、春キャベツ、はまぐり、トビウオ、からし菜など。この時期、山の雪が解け、田畑や人を潤す雪解けの水となります。それを雪汁(ゆきしる)と言います。

 





 

七十二候

初候:土脈潤起 2/19-23頃

土脈潤い起こる どみゃくうるおいおこる

雨が降り、大地が潤い始める時期です。

72_4

 

次候:霞始靆 2/24-28頃

霞始めて靆く かすみはじめてたなびく

春の霞(かすみ)が現われる時期です。

72_5

 

末候:草木萌動 3/1-4頃

草木萌え動く そうもくもえうごく

草木の芽が出始める時期です。

72_6

 

>>次の季節は啓蟄

<<前の季節は立春

 

 

 

次はこれを要チェック

二十四節気と七十二候の仕組みとリストは下記へ

24_72

旧暦の基本を知りたい場合は下記へ

kyureki

下記は旧暦の二十四節気、七十二候、雑節、月の満ち欠け、月星座を網羅したカレンダーです。

calendar

 

 

スポンサーリンク



 

 


画像:@Depositphotos.com/krappweis,vladvitek,Gudella,Elnur_

コメントを残す