旧暦から四季を感じる|二十四節気と七十二候

kyureki2

旧暦と四季

旧暦を見ると、昔の人が感じていた季節の感覚を感じることができます。詳しくは旧暦の仕組みの解説でお話しましたが、旧暦は太陽と月の運行を組み合わせた、太陽太陰暦になります。そのため、旧暦の日付をみると自然に月の満ち欠けや潮の満ち引きがわかります。また、太陽の黄道を360°とし、それを分割する方法で二十四節気や七十二候という季節の移ろいを定めました。旧暦をみると、日本の四季の移ろいが敏感に感じられ、自然の流れ・宇宙の流れに沿った感覚を取り戻すことができると言えます。旧暦では、旧暦の1月~3月を春、4月~6月を夏、7月~9月を秋、10月~12月を冬としています。

目次

  1. 二十四節気とは
  2. 七十二候とは
  3. 四季・二十四節気・七十二候の日にちとリスト

 






 

二十四節気とは

下の図は、太陽の黄道を分割したものです。詳しい説明は旧暦の仕組みの解説をご覧ください。黄経0°が春分、90°が夏至、180°が秋分、270°が冬至です。これは「二至二分」といい、四季の中心です。それを基本として、更に黄経15°ずつ分割し、太陽の一周360°を24分割したものを二十四節気と言います。図の外側に書いてある文字がそれにあたります。このように黄道を分割する方法で二十四節気を当てはめる方法を定気法と呼びます。ここでは省略しますがその他に、二十四節気を日数によって24分割する方法(平気法)があります。※図の月は旧暦の月で、閏月が入る場合は大きくずれます。

no4

二十四節気と名称

中気・・・太陽黄経が30の倍数であるもの。つまり、雨水、春分、穀雨、小満、夏至、大暑、処暑、秋分、霜降、小雪、冬至、大寒の12個。
節気・・・中気でないもの。つまり、立春、啓蟄、清明、立夏、芒種、小暑、立秋、白露、寒露、立冬、大雪、小寒の12個。
二至二分・・・四季の盛り。冬至・夏至(二至)、春分・秋分(二分)
四立・・・四季の始まり。立春、立夏、立秋、立冬
八節・・・二至二分と四立を合わせた8つ

 

七十二候とは

七十二候とは、二十四節気を更に3つずつに分けて1年を72分割したものです。各二十四節気の中にある3つの七十二候は、順番に初候・次候・末候と言い、約5日づつくらいになります。これにより更に細かい季節の感覚を知ることができます。七十二候は「東風凍を解く」と言ったように、季節をそのまま表現したような名前がついています。七十二候は農作業の目安になる、農事暦としても使用されていました。

 

四季・二十四節気・七十二候

中国から渡ってきたものなので、七十二候のもとは漢文です。そのため資料によって読み方や漢字が異なる場合があります。※日付は新暦です。

立春 りっしゅん ・ 2/4頃

  • 初候: 東風凍を解く とうふうこおりをとく
  • 次候: 黄鶯睍睆く うぐいすなく
  • 末候: 魚氷に上る うおこおりにあがる

雨水 うすい ・ 2/18頃

  • 初候: 土脈潤い起こる どみゃくうるおいおこる
  • 次候: 霞始めて靆く かすみはじめてたなびく
  • 末候: 草木萌え動く そうもくもえうごく

啓蟄 けいちつ ・ 3/5頃

  • 初候: 蟄虫戸を啓く すごもりのむしとをひらく
  • 次候: 桃始めて笑う ももはじめてわらう
  • 末候: 菜虫蝶と化す なむしちょうとかす

春分 しゅんぶん ・ 3/20頃

  • 初候: 雀始めて巣くう すすめはじめてすくう
  • 次候: 桜始めて開く さくらはじめてひらく
  • 末候: 雷乃声を発す かみなりこえをはっす

清明 せいめい ・ 4/5頃

  • 初候: 玄鳥至る つばめきたる
  • 次候: 鴻雁北へかえる がんきたへかえる
  • 末候: 虹始めて見る にじはじめてあらわる

穀雨 こくう ・ 4/20頃

  • 初候: 葭始めて生ず あしはじめてしょうず
  • 次候: 霜止んで苗出ず しもやんでなえいず
  • 末候: 牡丹華さく ぼたんはなさく

立夏 りっか ・ 5/5頃

  • 初候: 蛙始めて鳴く かえるはじめてなく
  • 次候: 蚯蚓出ずる みみずいずる
  • 末候: 竹笋生ず たけのこしょうず

小満 しょうまん ・ 5/21頃

  • 初候: 蚕起きて桑を食う かいこおきてくわをくう
  • 次候: 紅花栄う べにばなさかう
  • 末候: 麦秋至る ばくしゅういたる

芒種 ぼうしゅ ・ 6/5頃

  • 初候: 蟷螂生ず かまきりしょうず
  • 次候: 腐草蛍と為る ふそうほたるとなる
  • 末候: 梅子黄なり うめのみきなり

夏至 げし ・ 6/21頃

  • 初候: 乃東枯る なつかれくさかれる
  • 次候: 菖蒲華さく あやめはなさく
  • 末候: 半夏生ず はんげしょうず

小暑 しょうしょ ・ 7/7頃

  • 初候: 温風至る おんぷういたる
  • 次候: 蓮始めて開く はすはじめてひらく
  • 末候: 鷹乃学を習う たかわざをならう

大暑 たいしょ ・ 7/22頃

  • 初候: 桐始めて花を結ぶ きりはじめてはなをむすぶ
  • 次候: 土潤いて溽し暑し つちうるおいてむしあつし
  • 末候: 大雨時行る たいうときどきふる

立秋 りっしゅう ・ 8/7頃

  • 初候: 涼風至る りょうふういたる
  • 次候: 寒蝉鳴く ひぐらしなく
  • 末候: 蒙霧升降す のうむしょうこうす

処暑 しょしょ ・ 8/23頃

  • 初候: 綿柎開く わたのはなしべひらく
  • 次候: 天地始めて粛し てんちはじめてさむし
  • 末候: 禾乃登る こくものみのる

白露 はくろ ・ 9/8頃

  • 初候: 草露白し くさのつゆしろし
  • 次候: 鶺鴒鳴く せきれいなく
  • 末候: 玄鳥去る つばめさる

秋分 しゅうぶん ・ 9/23頃

  • 初候: 雷乃声を収む かみなりこえをおさむ
  • 次候: 蟄虫戸を坏す すごもりのむしとをとざす
  • 末候: 水始めて涸る みずはじめてかれる

寒露 かんろ ・ 10/8頃

  • 初候: 鴻雁来る がんきたる
  • 次候: 菊花開く きっかひらく
  • 末候: 蟋蟀戸に在り きりぎりすとにあり

霜降 そうこう ・ 10/23頃

  • 初候: 霜始めて降る しもはじめてふる
  • 次候: 霎時施す しぐれときどきほどこす
  • 末候: 楓蔦黄なり もみじつたきなり

立冬 りっとう ・ 11/7頃

  • 初候: 山茶始めて開く つばきはじめてひらく
  • 次候: 地始めて凍る ちはじめてこおる
  • 末候: 金盞香し きんせんこうばし

小雪 しょうせつ ・ 11/22頃

  • 初候: 虹蔵れて見えず にじかくれてみえず
  • 次候: 朔風葉を払う さくふうはをはらう
  • 末候: 橘始めて黄なり たちばなはじめてきなり

大雪 たいせつ ・ 12/7頃

  • 初候: 閉塞冬と成る そらさむくふゆとなる
  • 次候: 熊穴に蟄る くまあなにこもる
  • 末候: 鱖魚群がる さけむらがる

冬至 とうじ ・ 12/22頃

  • 初候: 乃東生ず なつかれくさしょうず
  • 次候: 麋角解つる しかのつのおつる
  • 末候: 雪下麦を出だす せつかむぎをいだす

小寒 しょうかん ・ 1/5頃

  • 初候: 芹乃栄う せりさかう
  • 次候: 水泉動く すいせんうごく
  • 末候: 雉始めて雊く きじはじめてなく

大寒 だいかん ・ 1/20頃

  • 初候: 欸冬華さく ふきのとうはなさく
  • 次候: 水沢腹く堅し みずさわあつくかたし
  • 末候: 鶏始めて乳す にわとりはじめてにゅうす

 

 

 

次はこれを要チェック

下記は旧暦の二十四節気、七十二候、雑節、月の満ち欠け、月星座を網羅したカレンダーです。

calendar

 

 

スポンサーリンク



 

 


@Depositphotos.com/sundar

コメントを残す