日焼け止めの賢い選び方|ノンケミカルやオーガニックでも危険かも!

sunoil

日焼け止めの賢い選び方

紫外線はお肌の天敵といわれ、日焼け止めは外出時に欠かせないものとなっています。しかし、その日焼け止めには肌と体に良くない成分が沢山使われている可能性があります。賢い選択ができるように、日焼け止めについてお伝えします!

 






 

つい選んでしまう日焼け止めのカラクリ

最近は、無添加、オーガニック、ノンケミカルなどとうたった日焼け止めが増えました。でも、それだけで信用するのは早いかもしれません。成分を見ると体に害のあると言われているものが使われている場合が沢山あります。まずはそのカラクリについてみていきます。

ノンケミカルの日焼け止め

本当にノンケミカルか要チェックです。たとえば、体に良くないとされる紫外線吸収剤や、その他の特定の化学物質だけを使用していないので、その部分だけをもってノンケミカルと言っている商品が存在します。その他にはたくさんの化学物質や合成物質が使われている場合があります。

オーガニックの日焼け止め

ほんの一部の材料にオーガニック原料を使っていれば、オーガニックの商品と言えます。オーガニックの材料をただ使っているだけで、ほかの原料は体に害のあるものばかりかもしれません。本当に品質のいいものを見極める必要があります。

自然派の日焼け止め

自然派の定義が曖昧過ぎて、何をもって自然派というのかわかりませんが、私たちは自然派と聞くと無添加とか、天然成分が使われていたり、、と言ったイメージがわきます。しかし、実際は肌によくない化学成分を使っているものが沢山あります。言葉に惑わされず、成分をチェックしてください!

天然成分配合の日焼け止め

天然成分を配合していることは間違えないと思うのですが、その他の原料が皮膚によくない化学物質や合成物質の可能性があります。

無添加の日焼け止め

無添加とは、すべての添加物が無添加という意味ではありません。薬事法で明確なルールが決まっていないため、ある製品は、着色料を添加しなかったら無添加と言います。一方ある製品は、防腐剤を添加しなかったら無添加と言います。そしてその他の化学物質がいくら入っていようが、無添加と言えてしまうのです。

 

日焼け止めの危険な成分

一般的な日焼け止めには、紫外線を吸収させる物質を使った紫外線吸収剤と、紫外線を反射させる物質を使った紫外線散乱剤の二種類があります。特に紫外線吸収剤は発がん性や炎症、アレルギーを起こすとして、最近では紫外線吸収剤フリーをうたったものも多く見られます。しかし、避けたほうがいい成分はそれだけではありません。色々なキャッチコピーで、本当にいいものなのかわからなくなってしまいますね。そこでどんな成分は避けたほうがいいのか、次にお伝えします。

紫外線吸収剤

紫外線吸収剤は、前述したように今様々な有害性が指摘されています。発がん性を疑われている物質や、アレルギーを誘発したり、炎症を起こす、ホルモン異常を起こす等といった症状が出る可能性があると言われています。紫外線吸収剤を使用してる母親からの母乳を飲んだ子供が、アレルギーを引きおこす可能性もあると言われています。

紫外線吸収剤の例

 オキシベンゾン、パルソールA、パラアミノ安息香酸、プソラレン、サリチル酸オクチル、ジベンゾイルメタン、メギゾリルSX、ケイ皮酸など

 

ナノ粒子

紫外線散乱剤によく使われる化学成分に、酸化チタンや酸化亜鉛といったものがあります。日焼け止めのぬり心地をよくするために、これらは最近はナノ粒子となり使われています。ナノ粒子になったこれらの成分は、肌の奥まで浸透して発がんの可能性があると言われています。肌になじみがよく、白っぽくならなかったり、SPFが高いものに酸化チタンや酸化亜鉛が入っていたら、ナノ粒子の可能性が高いです。酸化チタンはナノ化されていなくても発がんの恐れがあると言われています。

ナノ粒子の例

 酸化チタン、酸化亜鉛

 

界面活性剤

界面活性剤は、乳化させ、日焼け止めを使いやすくするために使われます。その他化粧品にもよく使われていますが、体にとって有害と言われるものが多く存在します。

界面活性剤の例

 イソステアリン酸、ジメチコン、ジメチコンポリオール、ポリクオタニウム~など

 

防腐剤

日焼け止めにも、ほかの化粧品と同じように防腐剤が入っています。その防腐剤も体に有害とされるものが沢山あります。

防腐剤の例

 パラベン(パラオキシ安息香酸エステル)、フェノキシエタノール、サルチル酸、安息香酸、ソルビン酸、ベンジンアルコールなど

 

その他添加物

その他、合成の着色料や保存料、香料などが添加されている可能性があります。

 

SPFとPAの数値にまどわされない!

日焼け止めを選ぶときに基準にする一つがSPFとPA。これが高ければ高いほどいいと思ってしまいますが、実はそうでもないんです。

そもそもSPFとPAとは何か?

SPF (Sun Protection Factor)

紫外線のB波が原因でできる赤い斑点ができるまでの時間を何倍遅くできるか、の数値です。たとえばSPF20の日焼け止めを、通常30分で赤い斑点ができる人が使用すると、600分は赤い斑点を防ぐことができます。現在の表示の限界値はSPF50です。

PA (ProtectuonGrade of UVA)

紫外線のA波が原因でできる皮膚の黒化を防ぐ数値です。PA+ (UVA防御効果がある)、PA++(UVA防御効果がかなりある)、PA+++(UVA防御効果が非常にある)、PA++++(UVA防御効果が極めて高い)の4段階が定められています。

 

塗り方の違いで、SPFやPAの効果が激減

上記のSPFとPAの数値はすべて、1平方センチメートルあたり2mgの日焼け止めを塗った時に出た値になります。これは比較的多い数値なので、実際に使うときに薄塗りをしたり、汗で落ちたりするとその分効果が薄れてしまうのです。そのため、私たちが気にしているほど、実際はその数値の通りの使い方をしていないことがわかります。

 

SPFが高すぎるものは肌の負担が高い

SPFが高いということは、その分使用されている成分も強いものになります。紫外線吸収剤の場合も多いようです。そのため、肌に負担が多くなり、有害物質を取り込むリスクも高くなります。普段使いにはSPFは少なめのものを選び、こまめに塗るのがいいと言われています。

 

どんな日焼け止めがいいか

色々な注意点を見てきたうえで、理想の日焼け止めはどんなものか、まとめます。完璧なものは中々見つけられないと思うので、日焼け止めを使うシチュエーションによって、どこを妥協するか、検討してみてください。たとえば、日常使いようで、しょっちゅう塗り直しができる場合は、SPFは妥協をして成分にこだわったものを使う。もしくは長時間塗り直しができないような場所へ出かけるときは、成分を妥協してSPF重視で選ぶ、といった感じです。

  1. 体に有毒な日焼け止め成分未使用
  2. SPFは高くなくていい
  3. 防腐剤・保存料・着色料・香料等が無添加、もしくは天然成分

 

天然のキャリアオイルも日焼け防止効果がある

市販の日焼け止めクリームではなく、自分で信用できるものが手に入る、天然のキャリアオイルを使っての日焼け対策もあります。その中でも一番優秀なものが、「ラズベリーシードオイル」です。Food Chemistry 69による実験により、ラズベリーシードオイルのSPF値が28~50、PA値は++になることが分かっています(※1)。これは植物油の中でも最大の数値ですし、日焼け止めとして売られている商品にも引けを取らない数値です。その他、天然のオイルと精油で日焼け止め効果があるものをSPF値と一緒に紹介しているので、詳細は下記をご覧ください。

sunscreen2

キャリアオイルやエッセンシャルオイルは、日焼けしてしまった後に炎症やシミなどを防ぐ効果があるものが沢山あります。日焼け後のケアができることも知っておけば、少し気持ちが楽になります。

sunburn

 

まとめ

  1. 日焼け止めを買うときには、商品のキャッチフレーズに惑わされない
  2. 体に良くないと言われている成分を知っておく
  3. SPFとPAの数値に惑わされない
  4. 本当に天然のものにこだわる場合、キャリアオイルやエッセンシャルオイルも日焼け前後に有効

 

 

スポンサーリンク



 

 


※1: B. Dave Oomah et al. Characteristics of raspberry (Rubus idaeus L.) seed oil. Food Chemistry 69. 2000.
@Depositphotos.com/nito103

コメントを残す