幸せを運ぶジューンブライド|結婚とアロマ

junebride

ジューンブライドの起源と意味

ジューンブライドとは、「六月の花嫁」。欧米では6月に結婚すると幸せになると伝統的に言われています。色々な説がありますが、その中の一つは、ギリシャ神話に遡ります。

 

ジューンブライドの言い伝え

結婚の象徴、女神ヘラ

六月(June)をつかさどる神は、ギリシャ神話で結婚と出産を象徴するヘラ(Hera)という女神です。英語ではJuno(ジュノー)といい、Juneの語源です。ラテン語ではユノと発音します。ヘラは有名なゼウス(Zeus)の正妻です。ゼウスは英語でジュピター(Jupiter)、もしくはラテン語読みでユピテルとも言われます。ローマ人は六月一日に、女神ヘラを祝うお祭りをしていました。そういったことから六月の結婚は縁起がいいと言われています。

歴史的に結婚に最適な季節

その他の起源は、昔は6月が長く寒い冬が終わって、新しいはじまりの季節で、結婚にちょうど良かったと言われています。春になると、皆外に出始め、入浴をします。体がきれいになったばかりなので、結婚式にいいタイミングです。結婚式に多く使われる花は、昔は体の体臭を紛らわせるためだったという説もあります。

出産の時期

六月に結婚し、子供ができれば、子供が生まれるのが次の年の春になります。それも、収穫の時期や忙しい時期を避けられて、いい時期と言われていました。

ハネムーンは六月の月

また、夏至が過ぎた初めての月のことをゲルマン民族はhoney moonと言い、結婚後に行くハネムーンと関連付けられる場合があります。ハネムーンの由来はほかにもたくさんありますが・・。

 

ジューンブライドとアロマ

ネロリ

ジューンブライドにぴったりなアロマは「ネロリ」です。ネロリはビターオレンジの花で、花言葉は「結婚式」や「花嫁の喜び」です。さらに、先ほどのギリシャ神話にも出てくる、ゼウスが、結婚をする際、ヘラにオレンジの花を贈ったと言われています。そこから、オレンジの花は結婚や出産、純潔の象徴とされ、結婚式でブーケや冠にされるようになりました。白い花と、甘く繊細な香りも、花嫁にぴったりです。

 

ネロリを使ったオーデコロン

古典的に使われてきた、ネロリが主役のオーデコロンのレシピがあります。これはまさにジューンブライドのコンセプトにぴったりなので紹介します。ネロリやラベンダーは心に穏やかさをもたらし、柑橘系のベルガモットやレモンは幸福感や満足感をもたらします。ローズマリーは愛や献身と結びつきがあります。

ingredients

※10ml分

directions

  1. 無水エタノール10mlをボトルに入れる。
  2. 精油を20滴入れ、よく混ぜる。

 

その他の手作りレシピは下記を参照ください。

手づくりレシピ

 

 

スポンサーリンク



 

 


@Depositphotos.com/fajnokg

 

コメントを残す