シダーウッド(スギ)の種類を徹底解説|アロマオイル・精油・エッセンシャルオイル紹介

cedar

シダーウッドの種類

シダーウッドと呼ばれていても、種類が異なる場合が沢山あります。原材料の植物が異なれば、精油の作用も違ってきます。シダーウッドに関連する精油は、代表的なもので5種類あります。ここではその種類と違いをまとめています。

 






 

シダーウッドの精油の種類

植物的には、シダーウッドアトラスとヒマラヤンシダーウッドがマツ科になり、近い品種になります。バージニアンシダーウッドとシダーウッドテキサスは、同じヒノキ科の近い品種で、ジュニパー(学名:Juniperus communis)と似ています。日本のスギは、ジャパニーズシダーと呼ばれますが、スギ科のまた異なる品種になります。

シダーウッドアトラス、アトラスシダー

学名Cedrus atlanticaは、シダーウッドアトラス、アトラスシダーと呼ばれます。

英名 Atlas Cedarwood
学名 Cedrus atlantica
科名 マツ科
原産 モロッコとアルジェリアに位置するアトラス山脈
香り 甘さのあるウッディ-な香り
成分  ヒマカレン、アトラントン、カジネン等

シダーウッド・アトラスの詳細を見る

 

ヒマラヤンシダーウッド、シダーウッドヒマラヤ、ヒマラヤスギ

学名Cedrus deodaraは、ヒマラヤンシダーウッド、シダーウッドヒマラヤ、ヒマラヤスギと呼ばれます。

英名 Himalayan Cedarwood
学名 Cedrus deodara
科名 マツ科
原産 ヒマラヤ山脈
香り アース調で樹脂系が混ざったの甘くウッディ-な香り
成分 ヒマカレン、アトラントン、ヒマカロール等

シダーウッド・ヒマラヤの詳細を見る

 

シダーウッドバージニア、バージニアンシダーウッド、レッドシダーウッド

学名Juniperus Virginianaは、シダーウッドバージニア、バージニアンシダーウッド、レッドシダーウッドと呼ばれます。

英名 Virginian Cedarwood
学名 Juniperus Virginiana
科名 ヒノキ科
原産 アメリカ
香り フレッシュでバルサミックなウッディ-調の香り
成分 セドレン、ツヨプセン、セドロール、ウィドロール等

シダーウッド・バージニアの詳細を見る

 

シダーウッドテキサス、テキサスシダーウッド

学名Juniperus asheiは、シダーウッドテキサス、テキサスシダーウッドと呼ばれます。

英名 Texas Cedarwood
学名 Juniperus ashei
科名 ヒノキ科
原産 アメリカ
香り バルサム調の混ざったウッディ-な香り
成分 テルペン、セドレン、ツヨプセン、カリオフィレン、セドロール等

シダーウッド・テキサスの詳細を見る

 

スギ、ジャパニーズシダーウッド

学名Cryptomeria japonicaは、日本の杉で、ジャパニーズシダーウッドとも呼ばれます。

英名 Japanese cedar
学名 Cryptomeria japonica
科名 スギ科
原産 日本
香り 爽やかさのあるウッディ-な香り
成分 ピネン、ネロリドール、サビネン、カルボン、ミルセン等

スギの詳細を見る

 

シダーウッドの効能の違い

シダーウッドアトラス・ヒマラヤンシダーウッド

この二つはとても近い品種で、成分もよく似ています。主成分のヒマカレンは、リンパの強壮や静脈の強壮、うっ滞除去などの効果があります。2種とも、脂肪分解作用に優れ、循環器系にも働きかけます。アトラスの方は、リンパなどの循環器の強壮に効果的で、ヒマラヤの方は、循環器系の流れをスムーズにさせる、うっ滞除去の作用が強く働きます。

シダーウッドバージニア・シダーウッドテキサス

この二つも、とても近い品種で成分が似ています。鎮痙作用、消毒作用、去痰作用に優れます。肌に対しては、皮脂の分泌を抑えるので、オイリー肌に向いています。シダーウッドバージニアは、流産を促進してしまう可能性があるので、妊娠中は注意が必要です。

スギ

スギは、防虫や抗菌作用に優れます。日本で何千年も生き続けているスギの木を、厳しい自然から守るだけのパワ防腐作用があります。また、鎮静効果があり、気持ちをリラックスさせるのに最適です。

 

 

次はこれを要チェック

ここで見てきたように、精油には一見同じように見えても、違う種類のものが沢山あります。混乱しやすい植物をまとめていますので、下記をご覧ください。

chamomile cinnamon Eucalyptus lavender thyme rose ylangylang

精油の作用一覧は下記へ

精油一覧

 

 

スポンサーリンク



 

 


注意点&免責事項:アロマセラピーは医療ではありません。ここに掲載されている内容は、精油の効果効能、心身の不調改善を保証するものではありません。事故やトラブルに関してこのサイトは責任を負いかねますので、あくまでも自己責任にてご使用をお願いいたします。持病をお持ちの方、妊娠中の方、お子様に使用する場合や、その他使用に不安のある方は、専門家や専門医に相談することをお勧めいたします。
@Depositphotos.com/cboswell

コメントを残す