シダーウッドバージニアの効果効能|精油・アロマオイル・エッセンシャルオイル紹介

virginian_cedarwood

シダーウッドバージニア精油

目次

  1. キーワード&データ
  2. ストーリー
  3. 植物の特徴
  4. シダーウッドバージニアの効果効能 ―心・体・肌―
  5. おすすめ使い方
  6. 精油のブレンド
  7. アーユルヴェーダからみた性質

 






 

キーワード&データ

安心、穏やかさ

 

名前 シダーウッドバージニア、バージニアンシダーウッド、シダーレッド、シダーウッドヴァージニア、Virginian Cedarwood
学名 Juniperus virginiana
科名 ヒノキ科
抽出部位
抽出方法 水蒸気蒸留法
ノート ミドル~ベースノート
注意事項 妊娠中は避ける、刺激強、感作作用
香り 【樹木系】ヒノキに似た、バルサム調な、ウッディ-な香り
主な成分 【セスキテルペン炭化水素類】α-セドレン、セドロール、ツヨプセン、β-セドレン、y-オウデスモール、α-セリネン、β-カリオフィレン
陰陽

関連記事まとめ: #シダーウッド

 

ストーリー

原産は北米で、インディアンによって古くから使用されてきました。樹木系の精油の多くに、シックハウスの原因となる、ホルムアルデヒドを分解する作用があるとして最近認められました。その中でもシダーウッドヴァージニアは高い効果があると言われています。

 

植物の特徴

同じシダーウッドでも、シダーウッド・アトラスヒマラヤンシダーウッドとは違います。植物の種類でいうと、ジュニパーと同じ属化となります。シダーウッド・テキサスとは似ている品種です。シダーウッドには種類が沢山あるので、違いの詳細は下記をご覧ください。

cederwood

 

シダーウッドバージニアの効果効能

心への効能

緊張や不安といったネガティブな感情を落ち着かせ、安心感を与えてくれます。

体への効能

呼吸器系の気管支炎、咳、鼻炎などの症状に効果的です。防虫や殺菌作用が強力で、カビや殺菌の発生を防いだり、空気の清浄をしてくれます。流産促進作用があるので、妊娠中は使用をしないでください。

皮膚への効能

肌や髪の毛にも効果的と言われていて、特にオイリー肌の人に皮脂の分泌を抑える働きがあります。

 

体への効能
  • 殺菌作用
  • 去痰作用
  • 利尿作用
  • 鎮静作用
  • 若返り作用
  • 月経促進作用
  • 鎮痛作用
  • 収斂作用
  • 抗感染作用
  • 殺菌作用
肌への効能
  • 皮脂分泌調整作用
  • ニキビの改善
髪への効能
  • 抜け毛予防
その他
  • 昆虫回避作用

effects10effects

 

おススメ使い方

芳香浴、沐浴、ボディー・ハンドケア、ヘアケア、スキンケア、クリーム、フレグランス、ホームケア、ハウスキーピング

aroma_recipes

 

精油のブレンド

香りの相性がいいブレンド

樹木系の香りと相性がいいです。

blend_point ブレンド

機能性ブレンド

blend1

 

アーユルヴェーダからみた性質

ドーシャ  V+, P-, K-
エネルギー(熱性)  熱性
エネルギー(湿度)  乾燥性

check_dosha dosha ayurveda0

 

 

 

次はこれを要チェック

essentialoils herbs floralwater vegetableoils

 

 

 

スポンサーリンク



 

 


注意点&免責事項:アロマセラピーは医療ではありません。ここに掲載されている内容は、精油の効果効能、心身の不調改善を保証するものではありません。事故やトラブルに関してこのサイトは責任を負いかねますので、あくまでも自己責任にてご使用をお願いいたします。持病をお持ちの方、妊娠中の方、お子様に使用する場合や、その他使用に不安のある方は、専門家や専門医に相談することをお勧めいたします。
参考文献を見る
画像@ Depositphotos.com/kathyclark

コメントを残す