日焼けしてしまったら必見!アロマを使った手作りアフターケア

sunburn1

日焼け後のケア

日焼けは気を付けていても、気づくとしてしまうもの。しまった!と思っても、安心してください。そのあとのケア次第で、シミや炎症を防げます。色々なケアの方法があると思いますが、実は、エッセンシャルオイルとキャリアオイルは、日焼け後に私たちに必要な成分をたくさん含んでいるのです。ここでは、自然の恵みを使用した、手作りのマッサージオイルを紹介します。手作りをすることで余計な添加物の心配もありません!

 

日焼け後に必須なケアは?

日焼けとは、日光に当たって肌が火傷をしたような状態です。そのため、まずはとにかく冷やしましょう。また、皮膚の水分が抜けてしまっているので、水分補給も大切です。その他、シミの原因となる、活性酸素やメラニンの生成を防ぐ、ビタミンC,E、βカロチンなどの栄養素を補給することが大切です。

 

日焼け後の肌に効果的なエッセンシャルオイルは?

日焼けにいいエッセンシャルオイルの特徴は、1.抗炎症作用があるもの、2.熱を静めて、保湿作用があるもの、3.皮膚再生作用があるもの、となります。それらに当てはまる代表的なものが下になります。

イランイラン 涼・湿の性質、消炎作用
カモミールジャーマン 涼・湿の性質
カモミールローマン 涼・湿の性質
サンダルウッド 涼・湿の性質、消炎作用
ゼラニウム 涼・湿の性質、抗炎症作用、瘢痕形成作用
パルマローザ 涼・湿の性質、消炎作用、細胞更新作用
フランキンセンス 瘢痕形成作用、癒傷作用
ベチバー 涼・湿の性質、消炎作用
ミルラ 消炎作用、瘢痕形成作用、癒傷作用
ラベンダー 抗炎症作用、瘢痕形成作用
ローズ 涼・湿の性質、抗炎症作用、瘢痕形成作用

 

日焼け後の肌に効果的なキャリアオイルは?

日焼け後の肌にいいキャリアオイルの条件は、酸化しにくく、炎症を抑える効果があるものです。酸化しやすいものは日焼けを助長してしまいます。

アーモンドオリーブココナッツセサミヘーゼルナッツホホバ

 

マッサージオイルのレシピ

紹介したエッセンシャルオイルとキャリアオイルを使って、さっそくマッサージオイルを作ってみましょう!体や顔にマッサージをしながら塗布してください。ここで注意点は、肌に使用するものなので、初めて使う場合はエッセンシャルオイルの禁忌事項に注意をして、パッチテストを行うことをお勧めします。
禁忌 パッチテスト

いまから紹介するレシピの組み合わせは一番おすすめのものです。熱を冷まし、保湿し、消炎し、かつ新しい皮膚絵と生まれ変わることを助けてくれる理想な組み合わせです。香りもとてもフローラルで優しいです。他に好きな香りがあったり、体調によって、組み合わせを変えてみてください。顔に使用する場合は、精油を半分の分量にしてください。

ingredients

※30ml分

  • ホホバオイル: 30ml
  • 精油12滴分: ゼラニウム4滴、パルマローザ4滴、ラベンダー4滴
  • 容器

directions

  1. キャリアオイルと精油を混ぜる
  2. 体にマッサージをしながら塗布する

 

 

スポンサーリンク



 

 


注意点&免責事項:アロマセラピーは医療ではありません。ここに掲載されている内容は、精油の効果効能、心身の不調改善を保証するものではありません。事故やトラブルに関してこのサイトは責任を負いかねますので、あくまでも自己責任にてご使用をお願いいたします。持病をお持ちの方、妊娠中の方、お子様に使用する場合や、その他使用に不安のある方は、専門家や専門医に相談することをお勧めいたします。
@Depositphotos.com/ kamchatka

コメントを残す