ワイルドタイムの効果効能|精油・アロマオイル・エッセンシャルオイル紹介

Wild_thyme

ワイルドタイム精油

目次

  1. キーワード&データ
  2. ストーリー
  3. 植物の特徴
  4. ワイルドタイムの効果効能 ―心・体・肌―
  5. おすすめ使い方
  6. 精油のブレンド

 






 

キーワード&データ

調和、エネルギー

 

名前 ワイルドタイム、Wild Thyme
学名 Thymus serpyllum
科名 シソ科
抽出部位 花、葉
抽出方法 水蒸気蒸留法
ノート トップノート
注意事項 妊娠中、高血圧の人は避ける、刺激強
香り 【ハーブ系】少しレモンのような香りが混ざった、甘くすっきりした香り
主な成分 【モノテルペン炭化水素類】カルバクロール(29%)、y-テルピネン、p-サイメン、β-カリオフィレン、α-テルピネンなど

関連記事まとめ: #タイム

 

ストーリー

ワイルドタイムは、タイムの母ともいわれ、伝統的には女性の月経異常などに使われてきました。コモンタイムと同じ歴史をたどっています。タイムは勇気の象徴で、戦いの前にタイムのエッセンシャルオイルを使ったと言われています。また、宗教的な儀式に使われたり、病院の部屋でタイムを焚いたりもしました。

 

植物の特徴

ワイルドタイムは野生のタイムで多年草です。高さは5~30cm程になります。タイムは沢山の種類とケモタイプがあるので詳細は下記をご覧ください。

thyme

 

ワイルドタイムの効果効能

心への効能

コモンタイムととても似た作用があります。心のバランスを保ち、元気やエネルギーを与えてくれます。

体への効能

フェノール系のカルバクロールという、毒性を持つ成分が多く入っているため、使用するのはあまり一般的ではありません。使用する場合でも、ごく少量で使用します。リウマチや関節痛、腰痛などに効果的です。

皮膚への効能

抗菌作用が強く、皮膚疾患にいいと言われています。

 

体への効能
  • 抗菌作用
  • 抗真菌作用
  • 抗ウイルス作用
  • 鎮痛作用
  • 抗炎症作用
  • うっ滞除去作用
  • 強壮作用
  • 静脈強壮作用
肌への効能
  • 皮膚の不調改善

effects10effects

 

おススメ使い方

芳香浴

aroma_recipes

 

精油のブレンド

香りの相性がいいブレンド

柑橘系、樹木系の香りと相性がいいです。

blend_point ブレンド

機能性ブレンド

blend1

 

 

 

次はこれを要チェック

essentialoils herbs floralwater vegetableoils

 

 

 

スポンサーリンク



 

 


注意点&免責事項:アロマセラピーは医療ではありません。ここに掲載されている内容は、精油の効果効能、心身の不調改善を保証するものではありません。事故やトラブルに関してこのサイトは責任を負いかねますので、あくまでも自己責任にてご使用をお願いいたします。持病をお持ちの方、妊娠中の方、お子様に使用する場合や、その他使用に不安のある方は、専門家や専門医に相談することをお勧めいたします。
参考文献を見る
画像@ Depositphotos.com/Mirage3

コメントを残す