バイオレットの効果効能|精油・アロマオイル・エッセンシャルオイル紹介

violet

バイオレット精油

目次

  1. キーワード&データ
  2. ストーリー
  3. 植物の特徴
  4. バイオレットの効果効能 ―心・体・肌―
  5. おすすめ使い方
  6. 精油のブレンド
  7. アーユルヴェーダからみた性質

 






 

キーワード&データ

コミュニケーション、感情の安定

 

名前 バイオレット、スミレ、ニオイスミレ、Violet
学名 Viola odorata
科名 スミレ科
抽出部位 花、葉
抽出方法 溶剤抽出法
ノート ミドルノート
注意事項 特になし
香り 【フローラル系】強いグリーン調の香りと甘いスミレが混ざった香り
主な成分 ノナジエン、ノナジエナール、ベンジルアルコール、パルミチン酸など
陰陽 陰陽

関連記事まとめ: #バイオレット

 

ストーリー

古代から紋章や象徴として好まれていた植物です。マリーアントワネットのお気に入りの香水の原料の一つとも言われています。また、ナポレオンも自分の党派の象徴として使用していたといわれています。

 

植物の特徴

バイオレットは暑さに弱い耐寒性の多年草です。草丈は10~15cmほどになります。

 

バイオレットの効果効能

心への効能

喉のチャクラを開いてくれます。そのため、コミュニケーションが上手く取れない時や、感情の起伏が激しいときに使用すると、リラックスを落ち着きをもたらしてくれます。

体への効能

頭痛や二日酔いの緩和、不眠症や疲れにいいと言われています。喉頭ガンに使用された例もあるようです。

皮膚への効能

ニキビや湿疹、毛穴、創傷といった肌のトラブルに効果的です。

 

体への効能
  • 収斂作用
  • 発汗作用
  • 鎮静作用
  • 消炎作用
  • 鎮痛作用
  • 去痰作用
  • 利尿作用
  • 循環器系刺激作用
  • 鎮咳作用
  • 抗リウマチ作用
肌への効能
  • 瘢痕形成作用
  • 消炎作用

effects10effects

 

おススメ使い方

芳香浴、スキンケア、クリーム、フレグランス

aroma_recipes

 

精油のブレンド

香りの相性がいいブレンド

ハーブ系、柑橘系、スパイス系の香りと相性がいいです。

blend_point ブレンド

機能性ブレンド

blend1

 

アーユルヴェーダからみた性質

ドーシャ  V+, P-, K-
エネルギー(熱性)  冷却
エネルギー(湿度)  保湿性

check_dosha dosha ayurveda0

 

 

 

次はこれを要チェック

essentialoils herbs floralwater vegetableoils

 

 

 

スポンサーリンク



 

 


注意点&免責事項:アロマセラピーは医療ではありません。ここに掲載されている内容は、精油の効果効能、心身の不調改善を保証するものではありません。事故やトラブルに関してこのサイトは責任を負いかねますので、あくまでも自己責任にてご使用をお願いいたします。持病をお持ちの方、妊娠中の方、お子様に使用する場合や、その他使用に不安のある方は、専門家や専門医に相談することをお勧めいたします。
参考文献を見る
画像@ Depositphotos.com/pista23

コメントを残す