タンジェリンの効果効能|精油・アロマオイル・エッセンシャルオイル紹介

tangerine

タンジェリン精油

目次

  1. キーワード&データ
  2. ストーリー
  3. 植物の特徴
  4. タンジェリンの効果効能 ―心・体・肌―
  5. おすすめ使い方
  6. 精油のブレンド
  7. アーユルヴェーダからみた性質

 






 

キーワード&データ

明るさ、安眠

 

名前 タンジェリン、Tangerine
学名
  • Citrus reticulata
  • Citrus tangerina
科名 ミカン科
抽出部位 果皮
抽出方法 圧搾法
ノート トップ(~ミドル)ノート
注意事項 光毒性
香り 【柑橘系】マンダリンを少し弱くした、甘いシトラス調の香り。
主な成分 【モノテルペン炭化水素類】d-リモネン(90%)など
陰陽

関連記事まとめ: #タンジェリン#オレンジ

 

ストーリー

タンジェリンはモロッコからアメリカに伝わったため、タンジール(Tangier)人(=モロッコ人)の名をとって、タンジェリンと言われるようになったと言われています。また、その際ダンシー大佐が育て始めたことから、ダンシータンジェリンとも言われます。

 

植物の特徴

タンジェリンはマンダリンとよく似ていて、混同されやすい種類です。植物学的に見た場合、どの分類法を使うかによって意見が分かれます。一つの説は、マンダリンと同じCitrus reticulataの一種であるという考え方です。もう一つは、Citrus tangerinaというマンダリンとは違う種類とする考え方です。どちらにせよ、二つはとても似た性質を持っています。

 

タンジェリンの効果効能

心への効能

マンダリン同様、元気を与え、明るくしてくれる作用があります。甘い柑橘系の香りは、不安などのネガティブな気持ちを取り除き、楽観的な思考をもたらします。ネガティブな思考がなくなることは深いリラックスにもつながります。安心してゆっくりできる安眠効果も期待できます。

体への効能

とても優しい精油なので、子供や妊婦さんにも使用できます。胃腸を元気にするため、食欲がないときや、消化がうまくいかない時にもおすすめです。

皮膚への効能

妊婦さんには妊娠線予防のために、マッサージオイルとして使われます。

 

体への効能
  • 解熱作用
  • 駆風作用
  • 去痰作用
  • 利尿作用
  • 鎮静作用
  • PMSの緩和
  • 安眠作用
  • 緊張の緩和
  • 鎮痛作用
  • 細胞成長促進作用
  • 強壮作用
  • 健胃作用
  • 食欲増進作用
肌への効能
  • 妊娠線の改善
  • 皮膚軟化作用

effects10effects

 

おススメ使い方

芳香浴、沐浴、ボディー・ハンドケア、クリーム、フレグランス

aroma_recipes

 

精油のブレンド

香りの相性がいいブレンド

比較的合わせやすい香りで、柑橘系はもちろん、ハーブ系、フローラル系はブレンドしやすいです。スパイス系の香りとも合わせやすい香りです。

blend_point ブレンド blend1

 

アーユルヴェーダからみた性質

ドーシャ  V-, P-, K±
エネルギー(熱性)  冷却
エネルギー(湿度)  乾燥性

check_dosha dosha ayurveda0

 

 

 

次はこれを要チェック

essentialoils herbs floralwater vegetableoils

 

 

 

スポンサーリンク



 

 


注意点&免責事項:アロマセラピーは医療ではありません。ここに掲載されている内容は、精油の効果効能、心身の不調改善を保証するものではありません。事故やトラブルに関してこのサイトは責任を負いかねますので、あくまでも自己責任にてご使用をお願いいたします。持病をお持ちの方、妊娠中の方、お子様に使用する場合や、その他使用に不安のある方は、専門家や専門医に相談することをお勧めいたします。
参考文献を見る
画像@ Depositphotos.com/kovalvs

コメントを残す