オーガニックの本当の意味とは|なぜいいか?と良い商品の見分け方

organic-foods

オーガニックの意味

食品や美容のあらゆる場面でオーガニック成分を掲げる商品が沢山あります。私たちも、オーガニックはいい!というイメージがあるので、オーガニックと言われれば、そうでないものより少し値段が上がっても、買ってしまうことがあります。でも、オーガニックとは、実際何がそんなに魅力的で、どんな利点があるのでしょうか?

 






 

オーガニックの定義

オーガニックとは、有機栽培、有機農法とも言われます。簡単に言うと、化学肥料や農薬を使わずに育てられた作物や畜産物、それらを使用した加工品に対して使われます。

しかし、オーガニックとは、ただ化学肥料や農薬を使わないだけではありません。オーガニックを名乗るには、その土壌で2,3年前から化学肥料を使ってないこと、遺伝子組み換えの種は使用しない、畜産物の場合は飼料も有機であること、など、様々な基準があります。

厳密にはそれぞれのオーガニック認定機関によって定義は異なります。どれも共通して言えることは、オーガニックとは、化学的なものをできるだけ使わず、環境負荷をより少なくし、自然を大切にし、それが私たちの安全・健康増進にも繋がるような考えを持っていることです。

 

日本のオーガニック認定、有機JASマーク

日本には、オーガニックの認定を農林水産省がしていて、認定された商品には有機JASマークというものがつけられます。対象となるのは、農産物、畜産物、加工食品です。この認定がないものに対して、有機、オーガニックといった紛らわし表現をすることが禁止されています。これは主に食品に対して行われている認定で、オーガニックコスメの認定機関というものは日本には存在しません。

 

農林水産省は、有機農産物の生産の原則をこのように述べています。

農業の自然循環機能の維持増進を図るため、化学的に合成された肥料及び農薬の使用を避けることを基本として、土壌の性質に由来する農地の生産力を発揮させるとともに、農業生産に由来する環境への負荷をできる限り低減した栽培管理方法を採用したほ場において生産されること。

 

海外のオーガニック認定機関

世界にはヨーロッパを中心に沢山のオーガニック認定機関があります。日本にはオーガニックコスメの認定機関がないため、海外の認定を得た商品をよく見かけます。認定の基準は様々ですが、どれも厳しい規定が定められています。原料を育てる土壌の規定、ある一定の化学成分を禁止、動物実験をしない・・など様々な規定をクリアして認定された商品は、いいものである証拠です。有名なものをいくつか紹介します。

 

オーガニックはなぜいいの?

オーガニックは環境にいい

organic-soil

オーガニック原料を育てるには、きまりが沢山

まず第一に挙げられるオーガニックの利点は、環境への影響です。認定機関によって異なるものもありますが、基本的にオーガニックの作物を作るのには、その土壌で2~3年前から、化学肥料などを使ってはいけません。また、種や苗も有機栽培で作られたものを使用し、遺伝子組み換えのものは使いません。畜産物に対しては、有機栽培で作られた飼料をあげ、ストレスなく育てられるようにします。

 

オーガニック原料から、自然環境への好循環が生まれる

つまり、オーガニックの農作物、畜産物を作るということは、それに関わる様々なものも有機的なものを使うようになります。自然を重視した好循環が生まれ、広がって行くのです。オーガニックは、ただ化学肥料を使わずにできた体に優しいものではなく、環境を好循環に導く考え方です。私たちがオーガニックの商品を選んでマーケットが拡大するほど、自然をよくすることにつながっているのです。

 

オーガニックは私たちの体にいい

organic-health

土に残っている化学物質から体を守る

化学肥料や農薬を使わないオーガニックの原料は、私たちを有害な化学物質から遠ざけてくれます。畜産物に、抗生物質を与えないと定められている場合もあり、それは抗生物質耐性から私たちを守ります。また遺伝子組み換えの原料も避けることができます。実際、通常の食品よりもオーガニックの食材は残留殺虫剤の量やバクテリアが少ないという研究結果があります。

 

自然そのものの力を吸収できる

化学的なものを使わずに、自然本来のままの土や原料を使って育った農作物は、自然のエネルギーが多く含まれています。実際、自然の力が沢山詰まったオーガニックコスメは、使っているうちに肌本来の保湿力や治癒力を発揮できると言われています。また、オーガニックコスメには合成香料を禁止されているものも多く、香りからもリラックス効果が得られます。このように、材料一つ一つから自然の恵みを得られることができます。

一番バランスの取れた状態で体に届く

人工的な成分は、ビタミンCだったらビタミンCだけが成分となります。人工的なビタミンCだけを摂取した場合、それを消化・吸収するために、私たちの体は必要な成分を分泌させ働き出します。しかし、自然のものからビタミンCを得ようとする場合、その植物がもつそのほかの成分も一緒に摂ることになります。自然のバランスが取れた方法で体内に取り入れることは、私たちが吸収しやすくなっている場合が多く、ストレスがない方法と言えます。

 

オーガニックコットンを広げる

organic-cottonオーガニックの世界には、オーガニック化粧水、オーガニックファンデーション、オーガニックコーヒー・・など様々な商品が存在しますが、その中でもオーガニックコットンを広げる動きがとても活発化しています。オーガニックコットンの生産量を増やし、私たちがその購入を選択し、市場を増やしていくことは、地球環境の保全と、人々の生活と健康の向上にとっても役立つのです。

 

 

コットン畑の悲惨な現状

それは、コットンを栽培する際に、農薬が大量に使われる現状があります。コットンの畑で世界の25%の殺虫剤が使われているそうです。そしてすべてを悪循環に導きます。

まず、肌に触れたり吸ったりすることで、体に被害があります。農薬が染み込み、村を汚し、そこの水を飲んだ人たちは健康被害を受けます。また、農薬を使うほど、土の中の微生物が死んでいき土地がやせてしまい、生産量が落ちていきます。

オーガニックコットンの推進とプレオーガニックコットン

こういった現状を改善しようと、今では沢山のオーガニックコットンを市場で見ることができています。先ほどお話したように、オーガニックの認定を受けるまで、2,3年は土壌をきれいにする期間が必要です。その期間中に作られたコットンをプレオーガニックコットンと呼び、その商品を販売して生産者を助ける試みもされています。

 

本当にいいオーガニック商品を選ぶコツ

オーガニックだからといって全てがいいわけではない

オーガニックの肥料は安全か?

オーガニックの作物を作るときに使われるのが、有機肥料。それは動物性肥料と植物性肥料があります。動物性肥料は特に牛糞が多いと言われていますが、その牛が食べている飼料の多くが遺伝子組み換えや農薬にさらされたものだと言われています。これではいくら土壌にこだわっていても意味がなくなってしまいます。

オーガニック食品は体にいいか?

オーガニック食料品の栄養価については、それほど普通のものとは変わらないと言われています。ミネラルなどの一部の栄養素は高くなるとも言われていますが、それも生産地や種類によって異なるはずです。そのため、オーガニックだからといって、必ず栄養価が高い、ということにはつながらない場合が多いようです。

オーガニックコスメは肌に優しいか?

オーガニックコスメは肌にも優しいイメージですが、必ずしもそうとは限りません。天然のものは、逆にアレルギーを引き起こしたり、刺激が強いものも存在します。例えば、アロマのエッセンシャルオイルは、オーガニックのものもたくさんありますが、刺激が強く、注意が必要なものが何種類もあります。

 

オーガニック認定の裏側

オーガニックの認定があるからといって、全てが私たちが通常想像する通りな安全・安心が保証されている訳ではありません。

これもどの認定機関に認められているかによりますが、例えば、JASのオーガニック認定では、ある決まった農薬(31種類)であれば使うことを許可しています。それらは人に害が少ないものであるとは思いますが、そうなると、JASの認定マークがついていても、農薬が使われているかもしれないのです。そういった抜け道は常に存在すると考えられます。

 

オーガニックコスメの裏側

オーガニックコスメの世界でも注意が必要です。オーガニック=肌にいい、と思ってしまいがちですが、よくよく成分を確認することをおすすめします。

よく見かけるのが、一種類でもオーガニック成分を使っていると、「オーガニック成分配合」などといって、オーガニックを強調する商品が沢山あります。それ以外の成分は全て合成の化学物質でできている場合が沢山あります。しかし、間違ったことを言っている訳ではないので、大切なのことは私たち消費者がそれをわかっているということです。化学成分でも気にしないで、中にオーガニック成分が入っていたらラッキーと思うのか、本当は微量だけしか使われていないのに、全てオーガニックでできていると思って買ってしまうのかはとても大きな違いになるので、気を付けてください。

 

まとめ

これだけ大きく広がっているオーガニックの市場で、私たち消費者は自分に合った商品に出会うため、より賢くなっていくことが大切です。ポイントをまとめました。

1. オーガニックの本来の意味を知ること

オーガニックとは、化学的な農薬や肥料を極力使わない有機栽培のことです。それは土壌を本来の自然に戻し、周りの環境も含めた自然循環機能を高めることにつながります。そしてさらには生産者の生活環境を向上させ、消費者である私たちを有害な物質から守ります。しかし、特別栄養価が高かったり、すべての安全性を確証するものではありません。(農薬からの安全性という面では高いですが。)オーガニックを選ぶことで、何にいいのか?を理解できると、取捨選択しやすくなります。

 

2. オーガニックのいいところ、悪いところを知ること

オーガニックは認定機関によって様々な規定が設けられています。定められた中であれば使っていい農薬もある場合がありますし、有機肥料だけにこだわって起こりうるリスクもあります。大切なことは、いい面も悪い面も知っていること。

例えば、超敏感肌の人がコスメを選ぶときには、オーガニックコスメより、無添加をうたった商品がいいかもしれません。なぜなら、オーガニックは自然のものであって、アレルギーや刺激が少ないことを売りにしたものではないからです。もちろん、ケミカル系のものより低刺激の商品の方が多いかと思いますが、悪い面を知らないと、間違った判断をしてしまうかもしれません。

 

3.誠実なオーガニック商品なのかを見極める

すべてを見極めることは難しいかもしれませんが、商品や会社を見ると、本来のオーガニックの意味を誠実にとらえて商品にしているのか、オーガニックをマーケティングのツールとしているだけなのか、わかることが多いです。自分がどの程度こだわっているかによって、選ぶブランドも変わっていきます。

 

 

スポンサーリンク



 

 


参考サイト:日本オーガニック&ナチュラルフーズ協会農林水産省プレオーガニックコットンプログラム@Depositphotos.com/elenathewise, Subbotina, SimpleFoto, Kris

コメントを残す