陰陽五行説|アロマセラピーへの応用

yin yang

陰陽五行説とアロマ

万物を陰陽、もしくは五元素の概念にあてはめる陰陽五行説は、アロマセラピーにも応用できます。1つの精油には様々な効能があるため、一概に陰・陽と分けられないものも沢山あります。両方の性質を持ち合わせていたり、両方を調整したりする場合も考えられます。また、五行でいうと、水の性質と土の性質両方を持っていたり、3つ以上の性質をもつものもあります。ここでは簡単に、主な性質を紹介していきます。

 

陰陽とアロマ

陰を強化する精油

ネロリ、ジャスミン

→精神の緊張をほぐす精油なので、内側に関連する陰の性質を助けます。

ローズ

→感受性を豊かにしたり、安心感を得られるローズは、陰の性質を強化します。

陽を強化する精油

ローズマリー、ローレル

→これらの集中力が増す精油は、陽の論理的思考を助けます。

ジンジャー、ジュニパーベリー

→生きる力を与えてくれるこれらの精油は、目的を明確にする陽の性質を強めます。

陰陽とエッセンシャルオイルの一覧

 

 

五行とアロマ

五行説の元素とそれに対応するエッセンシャルオイルの一覧です。2つ以上の性質をもつエッセンシャルオイルは、メインの性質を示してあります。

 

 

次はこれを要チェック

陰陽五行の基礎五元素の説明五臓の説明五神の説明

 

 

スポンサーリンク



 

 


@Depositphotos.com/ellandar

コメントを残す