オイル、ハーブ、精油を使った天然の頭皮ケア&ヘアパックの方法とその10の効果

haircare

天然の頭皮&ヘアケア

精油やハーブ、植物油脂には、髪を綺麗にしたり、抜け毛や白髪、フケを防止したり、頭皮を健康に保つ成分が沢山含まれています。髪や頭皮を健康に保つオイルのレシピを紹介しています。

目次

  1. 頭皮&ヘアパック用オイルの作り方
  2. ヘアケア、頭皮ケアのやり方
  3. オイルを使ったヘアケア、頭皮ケアの10個の利点
  4. 使うオイルの種類
  5. 応用レシピ

 






 

頭皮&ヘアパック用オイルの手作りレシピ

古くからオイルを髪の健康に使ってきた伝統文化がたくさんあります。オイルで頭皮とヘアケアをすると、頭皮環境を良くして、ハリとコシのある健康な髪になります。シャンプー前にすることで、泡立ちにくいシャンプーを使っている場合も泡立ちやすくなります。髪の毛を乾かしているときは、少し髪が重たく感じますが、乾いた後はとってもしっとりと艶やかになります。

ingredients

※50ml分

  • キャリアオイル: 50ml
  • 精油:10滴
  • 容器

directions

  1. オイル50mlを容器に入れる
  2. 精油を10滴入れよく混ぜる

 

ヘアケア、頭皮ケアの方法

次に、前述の基本レシピを使ってヘアケア、頭皮ケアをする方法を紹介します。

  1. 頭皮全体にオイルをもみ込む様にしながらマッサージをする。
  2. 髪全体にオイルをもみ込む。
  3. 頭全体をラップで巻くかキャップをかぶり、そのまま30~60分ほど放置する。温めたタオルをさらに巻いたり、お風呂に入りながら放置するなどして、頭皮が温まった状態のほうが栄養分の吸収がよくなります。
  4. そのまま一晩放置してもok。
  5. シャンプーをする。

 

オイルを使ったヘアケア、頭皮ケアの10個の利点

どのオイルやハーブを使うかによって、多少の違いはありますが、前述のようなヘアケア、頭皮ケアをすることで期待できる利点をまとめています。

髪にハリ、コシ、ツヤを与える

オイルでのヘアパックを行うと、シャンプー後髪を乾かした時ハリ、コシ、ツヤが違うことがはっきりわかります。続けていくと髪質が変わったようになります。

髪をダメージから守る

オイルは紫外線やドライヤーの熱、乾燥といった外からの様々なダメージから髪を守ってくれます。

髪に栄養を与える

髪の健康に必要な要素に油分やビタミンといった栄養があります。オイルはそれらを髪に与えることができるので、髪を美しく保つことができます。

保湿

オイルには髪の水分を保つ働きがあります。水分は髪の健康に必要な要素の一つです。

髪をまっすぐにする

使うオイルによって、髪がきれいなストレートになります。特にムルムルバターは髪の絡まりやうねりを防ぐといわれています。

汚れを落とす

オイルでの頭皮マッサージは、毛穴に詰まった汚れを落としてくれます。頭皮をキレイに保つことは、様々な頭皮トラブルの改善につながります。

皮脂の調整

汚れを落とすと同時に、皮脂の調整をしてくれます。特に乾燥している場合は油分を取り入れることで、皮脂の過剰の分泌が収まります。油分の取りすぎで荒れてしまう場合もあるので、気を付けてください。

フケを改善

フケはの原因はいくつかありますが、乾燥や過剰な皮脂、過度な刺激などがあげられます。オイルは乾燥を改善したり、皮脂分泌を調整する作用があるので、フケの改善に有効です。

育毛促進

頭皮環境がよくなるので、抜け毛が減り、健康な髪が生えるようになるので、育毛促進にもつながります。

白髪の改善

白髪には多くの原因が考えられていて、はっきりとした解決策がないのが現状です。しかし、頭皮のマッサージで血行促進をし、頭皮と毛穴の環境をよくすることは、白髪が改善することにもつながります。

 

使うオイルの種類

使うオイルの種類によって、使い心地や効果が変わります。人によっても合うオイルと合わなオイルが違います。基本的にはオイルを使うことで頭皮環境がよくなり、髪をダメージから守り、保湿をし、栄養を与え、ハリとコシ、ツヤを与えてくれます。

キャリアオイルを使う

普通のキャリアオイルだけでも髪にいいものがたくさんあります。本当にシンプルに使いたいときは、精油もハーブも使わずに、キャリアオイルだけの頭皮マッサージとヘアパックでも髪が健康になります。ヘアケアに利用する代表的なキャリアオイルは下記になります。詳しくは、下記のリンクにまとめて紹介しています。

アボカドオイルアルガンオイルあんず油オリーブオイルココナッツオイルごま油椿油ひまし油ホホバオイルなど

hair_problem vegetableoils

浸出油を使う

キャリアオイルにハーブを浸して作る浸出油を使用すればさらにハーブの相乗効果が期待できます。浸出油の作り方は下記になります。

infusedoil

ハーバルオイルを使う

アーユルヴェーダでも似たように作られるオイルの一つにハーバルオイルがあります。ハーバルオイルは少し手間がかかりますが、ハーブの水溶性と脂溶性の成分が両方含まれるので、よりハーブの成分がたっぷり含まれたオイルになります。ハーバルオイルの作り方は下記です。

herbaloil

オイル以外の材料も大切

精油、ハーブ、スパイスなど、オイルと一緒に使う材料もとても重要です。髪にいいそれらの材料をまとめた記事は下記になるので参考にしてみてください。

hair_problem

 

応用レシピ

今まで紹介した内容をふまえ、髪と頭皮にいいレシピを紹介していきます。

傷んだ髪に

ビタミンEが豊富なごま油に、保湿力が高い精油のブレンドです。

ごま油50ml, ラベンダー4滴、ローズ4滴、ネロリ2滴

べたつく髪に

皮脂分泌抑制作用が高いブレンドです。

あんず油50ml, グレープフルーツ4滴、レモン4滴、ローズマリー2滴

抜け毛の悩みに

頭皮環境を正常にし、育毛促進を促します。このごま油に、カレンデュラローズヒップなどの抜け毛にいいといわれているハーブをプラスして浸出油にしてから利用すれば、さらに効果的になります。

ごま油50ml, イランイラン4滴、レモン6滴

白髪の悩みに

頭皮に栄養を与え、血行促進を促します。この場合も、アルガンオイルにジンジャーなどの血行促進を促すハーブを加えて浸出油にしてから利用するとさらに効果が高まります。また、ヘナやカレンデュラ、カッシアなど、白髪を目立たなくするハーブをシャンプーリンスに利用するのもおすすめです。(効果は白髪染めより緩やかです。)

アルガンオイル50ml, バジル4滴、グレープフルーツ6滴

ヘアケア一般に

とても使いやすく、ヘアケア全般に向くレシピです。

ココナッツオイル50ml, レモングラス3滴、ラベンダー4滴、ゼラニウム3滴

 

 

 

 

次はこれを要チェック

aroma_recipes 禁忌 essentialoils vegetableoils herbs herds_advanced1 症状別ハーブ

 

 

スポンサーリンク



 

 


注意点&免責事項:アロマセラピーは医療ではありません。ここに掲載されている内容は、精油の効果効能、心身の不調改善を保証するものではありません。事故やトラブルに関してこのサイトは責任を負いかねますので、あくまでも自己責任にてご使用をお願いいたします。持病をお持ちの方、妊娠中の方、お子様に使用する場合や、その他使用に不安のある方は、専門家や専門医に相談することをお勧めいたします。
@Depositphotos.com/ mythja

コメントを残す