陰陽五行説|五臓・五腑の機能

ここでは五行説を基にした中医学の概念の一部である、五臓と五腑の機能についてお伝えします。その前に、さらに基本的な内容は陰陽五行説の基礎基本元素についてに記載してあります。

五臓は、腎・肝・心・脾・魄の五種類からなります。五行の基本元素である、水・木・火・土・金に対応する体の機能を表します。五臓は対応する基本元素と同じ性質を持ちます。それに対応する形で、五腑という要素も対となって存在します。膀胱・胆・小腸・胃・大腸です。五腑は五臓と表裏一体の関係で、お互いに抑制しあったり補い合う関係です。これらの意味は西洋医学の概念とは少し異なります。例えば、「腎」は西洋医学で言う腎臓、「肝」は西洋医学でいう肝臓、というように重なる機能もありますが、五臓の概念はそれより広い意味を持っています。五臓五腑の概念に、「三焦」と「心包」を加えて、六臓六腑とよばれることもあります。対応をまとめた表が下記です。

五元素 五臓 五腑 五神
膀胱
小腸
大腸

 

1. 腎・膀胱

元素は「水」、五神は「志」に対応

「腎」は、「水」が持つ、生命エネルギーの性質を持ちます。植物で例えると、これから成長していくためのエネルギーがたくさん詰まった種になります。

seeds

生殖、成長、老化に関わる「腎」

「腎」は、成長や発育に関する機能です。「生命エネルギーの倉庫」とも言われます。骨や歯、生殖機能を支えます。耳にも関連していています。「腎」の機能が低下すると、不妊・流産・骨の劣化・物忘れ・免疫機能の低下などが起こります。

水を調整する「腎」

体内の水を調整する機能もあります。それは、体液や尿などを調整したり、体温調整に関わってきます。血液から余分な体液や老廃物を除く機能は、腎臓の働きと重なります。「腎」の水分調整機能が弱まると、むくみを生じたりします。「腎」の低下は、頭髪にあらわれます。抜け毛や白髪が増えると、「腎」機能が衰えている場合があります。

五腑は「膀胱」に対応

体液や尿の水分調整や尿の生成に関わる腎は、五腑の膀胱に対応します。膀胱は尿を貯蔵し、排泄する役割があります。

 

2. 肝・胆

五元素は「木」、五神は「魂」に対応

「肝」は「木」が持つ、どんどん成長し、拡張する性質に対応します。植物で例えると、これから成長していくエネルギーに満ちた新芽です。

kan

気と血の流れを滑らかにする「肝」

「肝」は、気の流れをスムーズにします。栄養である血を貯蔵したり、必要な時には放出し、解毒をします。こういった気や血の流れを滑らかに保つ役割をしています。「肝」がうまく働かず、気の流れが滞ると、「気滞」という状態になります。それは、頭痛、便秘、生理痛といった痛みなどが起こりやすくなる状態です。「気滞」は精神面にも影響を及ぼします。緊張や欲求不満とつながり、情緒不安定になる傾向があります。また、「肝」は視力や爪と関わりがあります。「肝」の機能が低下すると、視力低下や、爪がかけやすくなる症状があらわれます。

五腑は「胆」に対応

五臓の肝は、五腑の胆に対応します。胆は、決断をつかさどります。また、気血の循環を促す肝の働きを助けます。

 

3. 心・小腸

 五元素は「火」、五神は「神」に対応

「心」は、物事を具現化し、私たちのアイデンティティーとも深く関わる「火」の性質を持ちます。植物で表すと、花になります。

shin

温めエネルギーを供給する「心」

「心」は火が温度を上げるように、体の中ではポンプのような働きをします。その力でほかの臓器を温め、血液を体中に運び栄養を運びます。西洋医学でいう心臓のような働きがあります。

精神活動に関わる「心」

「心」は、文字のとおり私たちの心とも深く関わります。心が宿る場所ともいわれる心臓や、精神活動が行われる大脳との関わりがあります。心臓は愛の臓器とも言われ、ドキドキしたり、締め付けられたりと、感情とつながっています。大脳と関わる働きは、意識や思考をしっかりとコントロールさせます。また、「心」は顔や舌と関わりがあります。「心」の機能が低下すると、顔や味覚、言語に支障が現れてきます。

五腑は「小腸」に対応

五臓の心は、五腑の小腸に対応します。小腸は胃から送られてきたものを消化し、清濁に分けます。清=栄養分は全身へ、濁=不要分は大腸または暴行へ送ります。

 

4. 脾・胃

五元素は「土」、五神は「意」に対応

「脾」は、エネルギーを栄養に変容させ、蓄える「土」の性質を持ちます。植物で例えると滋養に満たされている果実になります。

hi2

消化と栄養の運搬を行う「脾」

「脾」は「土」の変容するエネルギーを持ちます。体内では、食べ物を栄養分に変え、その栄養を運搬する働きをします。そのため胃とも深く関わりがあります。この消化の働きが衰えると、体内の水分が滞りだるさ、肥満、リンパの滞留などを起こします。

血の源になる「脾」

「脾」は、食べ物を血に変え、潤し、維持させます。血液が一定の方向へに流たり、血管の外へ出ないようになど、正常に機能するように働きます。臓器を持ち上げて、下垂を起こさないように働いてくれているのも「脾」です。また、「脾」は筋肉と関わりがあります。「脾」の機能が低下すると、むくみや肥満、痩せすぎなど体に現れることがあります。

五腑は「胃」に対応

五臓の脾は、五腑の胃に対応します。胃は食物を取り入れてからある程度の消化吸収をし、小腸に送る働きをします。

 

5. 肺・大腸

五元素は「金」、五神は「魄」に対応

「肺」は、外からいいものも取り込み、うちから汚れたものを排出させ、純化していく「金」のエネルギーを持ちます。植物で例えると、呼吸をしている葉になります。

hai

気の出入りを行う「肺」

「肺」は呼吸をつかさどり、キレイなエネルギーを吸い込み、汚れたエネルギーを体外へ排出します。西洋医学の肺とも呼吸をする機能は同じですが、もう少し広い意味があります。鼻や喉の呼吸器官や皮膚を含めた、体のバリア機能にも関わります。そのため、「肺」の機能が衰えると、免疫力が低下し、風邪をひきやすくなったります。皮膚の表面にある毛穴を通じて、汗の調節も行い、体温の調整もします。

五腑は「大腸」に対応

五臓の肺は、五腑の大腸に対応します。大腸は余分な水分や脂肪分を運搬します。

 

次はこれを要チェック

陰陽五行の基礎五元素の説明五神の説明

 

 

スポンサーリンク



 

 


@Depositphotos.com/PetroP, Klanneke, Gelpi, leungchopan, DmitryRukhlenko

コメントを残す