ヨーガ・アーユルヴェーダ・インド哲学の基本を学ぶ

インドの哲学の基本を理解する

ヨーガやアーユルヴェーダの理論のもととなっているインド哲学「ヴェーダ」の起源は約5000年前にさかのぼります。宇宙の法則、私たちが生きている世界の本質が詰まっています。その一部をわかりやすく初心者用に説明しているものがタットヴァボーダ(Tattva Bodha)です。ヨーガ、アーユルヴェーダを深めるためにとても重要です。ヴェーダについての詳細は、ヨーガとは?の記事をご覧ください。

 






 

タットヴァボーダ|Tattva Bodha

私たちが生きる上で求めることはたくさんありますが、すべて根本に迫ると、「幸せになりたい」という目的があります。何かが欲しい、こうなりたい、こうしてほしい、、など、どうしてこれらを求めるかというと、「幸せになりたい」からです。しかし一度その幸せを手に入れたとしても、またすぐ不満が現れます。どのようにしたら、永遠の幸せを感じられるのでしょうか?そのためには世界の本質を理解し、自分自身の知識を得ることが必要です。自分自身とは何か?それを初心者向けに説明しているものがタットヴァボーダです。

自分自身を知るための入門書

タッドヴァボーダのタットヴァは、サンスクリット語で「真実」や「自分自身」をいう意味です。ボーダは「教え」や「知識」を表します。つまり、自分自身(真実)の教えです。そして、心を正しく使うためにはどうしたらいいかが分かります。シヴァ神の化身でもある、アーディ・シャンカラチャリアによって書かれました。

タットヴァボーダの内容

タットヴァボーダはシュローカーと呼ばれる俳句のようなフレーズから始まります。そして、最小限のサンスクリット語を使って、短い文章が集まって構成されています。サンスクリット語は、サン(=良く)スクリット(=作られた)という意味でもあるように、一つの言葉にたくさんの意味があり、少ない言葉でまとまっていても深い意味があります。ここではその内容を71章にまとめて下記のページで説明しています。

  1. タットヴァボーダのテーマについて|1章
  2. 学ぶ者に求められる4つの資質について|2-14章
  3. 永遠のもの、永遠でないものを理解する|15-16章
  4. 肉体だけではない、私たちの体について|17-25章
  5. 私たちの経験する3つの経験|26-29章
  6. 5つのレイヤーとは?|30-37章
  7. アートマーの3つの性質とは?|38-42章
  8. 宇宙の構造とは?|43-44章
  9. この世界はどのようにしてできたか?|45-54章
  10. なぜ私と世界は一つと言えるのか?|55-59章
  11. 悟りとは?|60-62章
  12. カルマとは?|63-66章
  13. 自分自身の知識を得るということ|67-71章

 

インド哲学の重要な概念

重要なキーワードを五十音順に並べています。より深く理解するためには、上記のタットヴァボーダの内容を初めから読み進めることをお勧めします。

  1. アーユルヴェーダとは?
  2. アンタカラナム
  3. カルマヨーガ
  4. グル
  5. サットヴァ、タマス、ラジャス
  6. ダルマ
  7. プラーナ
  8. ヨーガとは?

 

 

次はこれを要チェック

 

 

 

スポンサーリンク




 

 


 

Comments are closed.