月と自然の手帳2018、発売!|Moon & Nature Diary 2018

タイムレスエディションのウェブサイトで大人気の、月と旧暦のカレンダーをもとに作られた手帳が発売されました。自然と調和するライフスタイルを送り、自分の思いをより早く実現することをサポートしてくれます。月星座、月の満ち欠け、旧暦など、自然のアイディアが沢山詰まっています。特徴を是非ご覧ください。

 

オンラインショップで詳細を確認したい場合はこちらへ。

 

手帳の特徴

デザインの特徴

1.プライベートでもビジネスでも使える、シンプルなデザイン
シンプルなデザインの中に、月や自然の情報が沢山詰まっています。ビジネスシーンでも使えるデザインを意識して作っています。年間、月間、週間ページなど、一般的な手帳にあるページを基本としているので使いやすいです。

2.高級感のあるスエード調の素材
表紙はスエード調の生地を使用していて高級感があります。見る方向によって色相が異なります。色はブラックは新月、イエローは満月、ブラウンは夕日をイメージしたカラー展開です。お好みに合わせてお選びください。

3.プラスチックをリサイクルしたエコ素材
スエード風でありながら、とても環境にやさしい素材です。産業廃棄物から回収された再生ポリエステルを使用しています。

4.強度抜群、汚れも落ちやすい
一年間毎日使う手帳は、持ち歩く中で色々なものに触れ、汚れやすくダメージを受けやすいものです。そのため、表紙の素材にこだわりました。汚れたら染み抜きしやすい素材なので、殆どの汚れはすぐに対処すれば40℃ほどのぬるま湯で落とせます。さらに家具の張地にも使えるレベルの、摩擦や引き裂きに対する強度のある生地となります。

 

7つの内容の特徴

月や自然のことを、少しだけ取り入れるので十分という人から、あらゆる情報を取り入れたい人まで活用できます。

1.月の満ち欠けが分かる
2.毎日の月星座と、移り変わりの時間が分かる
3.旧暦の二十四節気が分かる
4.季節ごとの過ごし方が分かる
5.その時期に合ったサポートしてくれる植物が分かる

6.星座や月に対応する過ごし方のアイディアを紹介
最後にまとめて月、月星座、アロマ、カラーなど、手帳に関連する情報を掲載しています。下のイメージはその中の1ページです。もっともっと手帳を活用したい人のための情報です。

7.自分の思いを現実化するための活用欄がある
自然と調和することで、自分の思いを実現しやすくなります。どんどん思いが現実になるためにこの手帳を使えます。年、月、週間、毎日・・など、活用しやすい期間に区切って活用してください。詳しい使い方は次の項目をご覧ください。

 

備考

サイズ:B6(約H184 W130 D100ミリ)
値段:4,200円(税抜)
色:New Moon Black, Full Moon Yellow, Sunset Brown
素材:表紙:80%ポリエステル、20%ポリウレタン/中身:紙

 

 

具体的な使い方

今回は心理学を専門とするライフ・デザインパー トナーの伊藤絵理さんにアドバイスをいただきオススメの使い方を紹介して頂きました。絵理さんの観点からも、自己実現をしていくのに「自然との調和」は欠かせない大切な要素の一つだそうです。特に想いの実現には右脳と左脳を調和させることが効果的で、両方をうまく生かすことで驚くほどスムーズに、心地よく想いを実現していけるようになるそうです。こちらも参考に、是非あなたオリジナルの使い方を見つけてください。

2018年以降の予定表のページ

1年という長い期間で区切り、2018年以降に実現したいことをどんどん書き込むページがあります。
私たちが「考えている・思っている」ことと「言葉にする・書く・描く」ことは大きく異なり、自己実現に大きな差を生み出します。「考えている」だけでは左脳を使っているだけ。そこに「言葉にする・書く・描く」ことで身体を使い、目でも見えるようになり、また口を通して言葉を発することで右脳を使います。
これが実現への大切な第一歩になります。思っているだけでは実現しにくいですが、毎日見る手帳に書くことで、何度も目に入る、思い返す機会が増える…と自然と願いに意識が向くような”仕組み”を作ることになり、格段に実現しやすくなります。
考えていること、予定、想いなどはどんど ん変わっていくものなので、変更しやすいようにポストイットを使うこともオススメです。
こちらは文字でまとめています。

こちらはイメージでやりたいことをまとめたもの。

 

1カ月ごとの予定表のページ

1カ月ごとの予定表では、月が始まる時に、今月実現したいことを右上の「Realization」の欄に書き込みます。その際、達成したい「こと(左脳的な思考)」だけでなく「達成したらこんな風に感じるな…!楽しみ!ワクワクする!」といった「感覚(右脳的な感情)」にもフォーカスすることで、よりスムーズに望みが実現するそうです。また私たちは”意識”したものを自然と引き寄せ、実現させる力があります。そのため、月の後半には、些細とさえ思えるような「実現できたこと」や思いがけず「引き寄せたこと」など、”あるもの”に意識を向けて振り返ることオススメです。

 

1週間ごとの予定表のページ

さらに短期間の1週間ごとに達成したいことも考えていきます。1カ月の予定表で説明したように、週のはじめに実現したいことを考える方法もおすすめです。また1週間の間に起こったシンクロ、実現したこと、うれしかったことをできるだけたくさんメモしておくこともオススメです。私たちは日々の細やかなことはすぐに忘れてしまうようにできています。(そうでないとメモリーがいっぱいになってしまいますね!)そのため、起こった時に、その内容、感じたことを簡単にでも記しておくことが最も効果的です。1週間、そして1ヶ月を振り返った時に「あら!こんなに毎日いいことがあるんだ!ラッキー!」と振り返る度にその感覚が刷り込まれていき、いい状態でいる時間が長くなればなるほど、いいことが起こりやすくなっていきます♬

月と自然の流れの取り入れ方

あくまでも自分の感覚や好きなことを中心に。迷ったり、行き詰ったとき、自分の感覚に自信が無くなったときに、月と自然の流れを参考にしてください。例えば、忙しいなと感じているものの、どうしたらいいか迷った時。手帳の中の月の満ち欠けや季節のメッセージを参考にしてみてください。ちょっと頑張ってみようと思えることもあれば、無理をしないように予定を調整しようと思えることもあります。このようにして、自然の流れは自分の本来の感覚に気づかれてくれます。

 

 


今回手帳を通じて自己実現のヒントを教えてくださった、ライフ・デザインパートナーの伊藤絵理さんは、一人ひとりに合った形で自己実現の手助けをしてくれたり、今まで気づかなかった自分の可能性を見出してくれたりなど、人生をよりハッピーに過ごすためのきっかけづくりをしてれます。詳しくはご紹介ページをご覧ください!

 

 

スポンサーリンク



 

 

Comments are closed.