フィーバーフューの花言葉|花の意味と対応する誕生日・誕生花・あなたの性格

フィーバーフュー

花言葉

不死

誕生花

6月2日

 




 

フィーバーフューの花言葉

フィーバーフューは、キク科ヨモギギク属の植物です。この花は今でもメディカルハーブとしてよく使われている花で、古くから薬効が高い植物として知られていました。学名のTanacetumは、ギリシア語で「不死」を意味するathanatosという言葉が語源です。この花が長持ちすることから付けられたと言われています。また、partheniumの起源の一説には、パルテノン神殿を建築中に落下した人を助けるためにフューバーフューが使われたため、というものがあります。フィーバーフューという名前は、「熱を払う」という意味のfebrifugeという言葉が崩れたと言われています。古くから熱を冷ます治療に使われていたためです。花言葉は「不死」です。

hanakotoba1 hanakotoba2

フィーバーフューについて

名前
  • フィーバーフュー
  • ナツシロギク
  • Feverfew
科・属 キク科ヨモギギク属
学名 Tanacetum parthenium
花の色
開花時期 4~6月
原産国 ユーラシア大陸

関連する記事: #キク科の花#フィーバーフュー#6月に咲く花

 

誕生花・あなたの特徴

6月2日|不死

6月2日生まれの人は、不死という言葉と関連するように、どんな難題も乗り越える力と、順応力とアイディアがあります。我慢強いところがあり、どんどん失敗や苦難に耐えられるようになっていきます。いつも多くの問題を探しています。人の問題を手助けするような職業も向いています。恋愛では少しクセがある人に魅力を感じるかもしれません。そのため退屈な毎日を過ごす人生は送りません。

6月2日の人は下記のような性質を持ちます。さらに詳しく分析したい人はリンクを参照ください。

星座 双子座
柔軟宮
四元素
惑星
関連する数字 622

birthflower

 

 

 

次はこれを要チェック

基本 24_72 gardening succulents ハーブ一覧 精油一覧

 

 

スポンサーリンク



 

 


参考文献を見る
@Depositphotos.com/ Caymia

コメントを残す