沈丁花の花言葉|花の意味と対応する誕生日・誕生花・あなたの性格

10jinchoka

沈丁花

花言葉

栄光と不滅

誕生花

2月10日

 




 

沈丁花の花言葉

沈丁花は、ジンチョウゲ科ジンチョウゲ属の植物です。日本では室町時代には栽培されていました。春の季語となっています。沈丁花という名前は、沈香のようにいい香りと、丁子(クローブ)のような花を付ける、ということからつけられました。学名のDaphneは、ギリシア神話の女神ダフネが由来です。花言葉は「栄光と不滅」です。

その他の花言葉

名誉、栄光、甘美な思い出、甘美なる物は甘美なる者へ、など

hanakotoba1 hanakotoba2

沈丁花について

名前
  • 沈丁花(ジンチョウゲ)
  • チンチョウゲ
  • Daphne
科・属 ジンチョウゲ科ジンチョウゲ属
学名 Daphne odora
花の色 ピンク、白など
開花時期 2~4月
原産国 中国

関連する記事: #ジンチョウゲ科の花#ジンチョゲ#2月に咲く花

 

誕生花・あなたの特徴

2月10日|栄光と不滅

2月10日生まれの人は、自分が行っていることが高く評価されることに喜びを感じる人です。想像力があり自信に満ちているので、成熟した人であれば自然に喝采を浴びる存在になります。情熱を全て捧げて自分のやり方を貫きます。しかし、感情は冷静に保ちます。そのため客観性を保つことができる人です。自分が評価されることだけを考えてしまうと、孤独になってしまったり、人間的な成長が止まってしまうので、時には他人に譲ったり、思いやりの気持ちが大切になります。

2月10日の人は下記のような性質を持ちます。さらに詳しく分析したい人はリンクを参照ください。

星座 水瓶座
不動宮
四元素
惑星 太陽
関連する数字 210101

birthflower

 

 

 

次はこれを要チェック

基本 24_72 gardening succulents ハーブ一覧 精油一覧

 

 

スポンサーリンク



 

 


参考文献を見る
@Depositphotos.com/ c11yg

コメントを残す