バジルの効果効能|精油・アロマオイル・エッセンシャルオイル紹介

basil

バジル精油

目次

  1. キーワード&データ
  2. ストーリー
  3. 植物の特徴
  4. バジルの効果効能 ―心・体・肌―
  5. おすすめ使い方
  6. 精油のブレンド

 






 

キーワード&データ

自己表現

 

名前 バジル、Basil
学名 Ocimum basilicum
科名 シソ科
抽出部位 花、茎、葉
抽出方法 水蒸気蒸留法
ノート トップノート
注意事項 妊娠中・幼児は避ける、刺激強
香り 【ハーブ系】すっきりした甘さとスパイシーさがある香り
主な成分
  • CTリナロール・・・【モノテルペンアルコール類】リナロール(~70%)、メチルカビコール、オノイゲール、1,8-シネオール、テルピネン-4-オールなど
  • CTメチルカビコール・・・【フェノール類】メチルカビコール(~90%)、1,8-シネオール、t-β-オシメン、リナロールなど
陰陽
チャクラ 第5チャクラ、第4チャクラ
ブルー、グリーン
星座 蠍座
天体 火星・水星
四大元素 火・土
ジェムストーン カイヤナイト

関連記事まとめ: #バジル

 

ストーリー

バジルはハーブの王様とも言われ、ギリシャ語で王様を意味する言葉が語源です。インドでは、神に捧げられ、アーユルヴェーダでも古くから使われています。

 

植物の特徴

バジルは沢山の種類があり、同じOcimum basilicumのバジルにもいくつかのケモタイプが存在します。市場に多く出回っているバジルの精油は、リナロールの含有率が50%以上のものと、メチルチャビコールが85%以上のものが殆どです。

 

バジルの効果効能

心への効能

不安や自信のなさを鎮め、自分の本当の気持ちを自由に表現することを助けてくれます。神経質になりすぎてしまったり、頭で考えすぎてしまう人におすすめの香りです。

体への効能

消化促進作用、鎮痛作用、呼吸器系の不調緩和に効果的です。ストレス性の胃痛や頭痛に良く効きます。女性ホルモンの調整作用があり、月経痛や月経不順等の改善にいいです。ケモタイプであるバジルリナロールは、より神経強壮や疲労回復、免疫向上の作用に優れます。バジルメチルカビコールの方は、より喘息の治癒、抗アレルギーや去痰に優れます。

皮膚への効能

肌へは殺菌、浄化作用があります。ニキビを治し、綺麗な肌にしてくれます。

 

体への効能
  • 鎮痛作用
  • 刺激作用
  • 消化促進作用
  • 呼吸器系の不調改善
  • 嗅覚の回復
  • アレルギー症状の緩和
  • 殺菌作用
  • 女性ホルモン調整作用
  • 防虫作用
  • 強壮作用
  • 去痰作用
  • 健胃作用
  • 抗うつ作用
  • 発汗作用
  • 鎮經作用
  • 疲労回復作用
  • 筋肉弛緩作用
肌への効能
  • 皮膚強壮作用
  • 殺菌作用
  • 浄化作用
  • ニキビの改善
髪への効能
  • 血行促進
  • 育毛促進

effects10effects

 

おススメ使い方

芳香浴、沐浴、フレグランス

aroma_recipes

 

精油のブレンド

香りの相性がいいブレンド

ハーブ系、柑橘系、スパイス系の香りと相性がいいです。

blend_point ブレンド

機能性ブレンド

blend1

 

 

 

次はこれを要チェック

essentialoils herbs floralwater vegetableoils

 

 

 

スポンサーリンク



 

 


注意点&免責事項:アロマセラピーは医療ではありません。ここに掲載されている内容は、精油の効果効能、心身の不調改善を保証するものではありません。事故やトラブルに関してこのサイトは責任を負いかねますので、あくまでも自己責任にてご使用をお願いいたします。持病をお持ちの方、妊娠中の方、お子様に使用する場合や、その他使用に不安のある方は、専門家や専門医に相談することをお勧めいたします。
参考文献を見る
画像@ Depositphotos.com/magicinfoto

コメントを残す