セントジョーンズワートの効果効能|ハーブティー・メディカルハーブ・スパイス事典

st

セントジョーンズワート

目次

  1. キーワード&データ
  2. 植物の特徴
  3. スピリチュアルなストーリー
  4. セントジョーンズワートの効果効能
  5. ハーブティーの飲み方
  6. 症状別ハーブのブレンド
  7. おすすめ使い方

 






 

キーワード&データ

優れた抗うつ作用

 

名前 セントジョーンズワート、セイヨウオトギリソウ、ハイペリカム、St. John’s Wort
学名 Hypericum perforatum
科名 オトギリソウ科
使用部位 地上部
注意事項 モノアミン酸化酵素阻害薬の薬効を高める可能性がある、長期使用は避ける、妊娠中・授乳中は避ける、
少し苦味があるがすっきり飲みやすい風味
成分 ヒペリシン、フラボノイド、ハイパーフォリン、タンニン等
ジェンダー 男性
惑星 太陽
四大元素

関連記事まとめ: #セントジョーンズワート

 

特徴

草丈1m前後の多年草です。ヨーロッパや中央アジアが原産です。ホルモンバランスを整える作用と、抗うつ作用でよく知られています。浸出油にもよく使われる代表的なハーブです。

 

スピリチュアルなストーリー

セントジョーンズワートは古くから健康や守護、愛情に関する力があると信じられていました。 セントジョーンズワートを身につけると風邪の予防になったり、愛情を引き付ける、鬱が治ると言われました。また、窓気につるすことで悪霊から守るとも信じられていました。枕の下に置いて寝ると、未婚女性は将来の夫の夢と見るとも言われています。

 

セントジョーンズワートの効果効能

最近になって優れた抗うつ作用が注目されるようになりました。うつの原因とも言われる脳内のセロトニンの濃度を高めてくれ、不安や悲しみを和らげ、明るい気持ちにしてくれます。これは更年期やPMSの症状にもいいと言われています。鎮痛作用があり、生理痛や腰痛、神経痛を抑えます。切り傷や火傷にも有効です。

体への効能
  • 抗鬱作用
  • 鎮静作用
  • 鎮痛作用
  • 抗菌作用
  • 抗腫瘍作用
  • 収斂作用
  • 去痰作用
  • 利尿作用
  • 消炎作用
肌への効能
  • 消炎作用

effects

 

セントジョーンズワートティーの飲み方

小さじ1をお湯に入れ5分蒸らす。

ハーブティー入れ方

 

症状別ハーブのブレンド

生理痛に ラズベリーリーフローズヒップ
抗うつに オレンジブロッサムパッションフラワー
イライラに パッションフラワーペパーミント

symptom

 

おススメ使い方

ハーブティー、スキンケア、ホームケア、バス

herds_advanced1

 

 

 

次はこれを要チェック

herbs essentialoils vegetableoils floralwater

 

 

スポンサーリンク



 

 


注意点&免責事項:ここに掲載されている内容は、ハーブの治療や薬としての有効性を保証するものではありません。事故やトラブルに関してこのサイトは責任を負いかねますので、あくまでも自己責任にてご使用をお願いいたします。持病をお持ちの方、妊娠中の方、お子様に使用する場合や、その他使用に不安のある方は、専門家や専門医に相談することをお勧めいたします。
参考文献をみる
画像@ Depositphotos.com/ibogdan

 

 

コメントを残す