ブルーマロウの効果効能|ハーブティー・メディカルハーブ・スパイス事典

 bluemallow

ブルーマロウの効果効能

目次

  1. キーワード&データ
  2. 特徴
  3. 有効成分
  4. 注意事項・禁忌
  5. ブルーマロウの使い方

 






 

キーワード&データ

キーワード:喉と胃腸の不調に

名前 ブルーマロウ、コモンマロウ、マロウブルー、マローブルー、blue mallow、common mallow
和名 ウスベニアオイ(薄紅葵)
学名・読み方 Malva sylvestris [マルウァ・シルウェストリス]
科名 アオイ科
使用部位
ジェンダー 女性
惑星
四大元素

関連記事まとめ: #マロウ

 

特徴

草丈60~150cmの多年草です。ヨーロッパやアジアが原産です。ハーブティーにすると鮮やかな青色で、そこにレモンを垂らすとピンク色になる不思議なハーブです。粘液質を多く含むため、喉の痛みや気管支炎に最適です。パックにもおすすめです。

スピリチュアルなストーリー

恋愛と深い結びつきがあると言われています。 恋人に振られたときブルーマロウの花を花瓶にさし、玄関に飾ると復縁できると言われていました。また、さらに魅力を引き立たせるためにブルーマロウを持ち歩くといいとも言われていました。カルペパーは色々な使い方を述べていますが、マロウをすりつぶしてミルクとお酒で煮たものを飲ませるだけで、ひどい腸の炎症があった息子の赤痢を治したを述べています。

ブルーマロウの効果効能

粘液質が多く含まれることが大きな特徴です。風邪による喉の痛みや腫れ、胃炎、膀胱炎、尿道炎などが緩和されます。外用で用いると、傷や皮膚炎、湿疹に使えます。その場合は湿布、ローション、パックなどにして使うことができます。美容としては、肌の炎症を抑えたり、保湿、肌を柔らかくしたりする効果があります。特に、肌がとても敏感な人の初期症状に向いています。

作用

  • 刺激緩和作用
  • 皮膚・粘膜の保護
  • 軟化作用
  • 鎮静作用
  • 消炎作用

適応

  • 口腔、咽喉、胃腸、泌尿器の炎症
  • 肌の炎症
  • 敏感肌

effects

 

有効成分

粘液質、アントシアニン(デルフィニジン)、タンニンなど

 

注意事項・禁忌

通常の使用の範囲では安心して使えるハーブです。妊娠中・授乳中の使用に関しては、問題は確認されていないものの、最終的な安全性は確立されていません。粘液質の成分により、薬の吸収を遅らせる可能性があります。薬を摂取する場合は、ブルーマロウ摂取の1時間前か数時間後が推奨されます。

 

安全性クラス : 1(適切に使用する場合、安全に摂取することができるハーブ)
相互作用クラス: A(臨床的に関連のある相互作用が予測されないハーブ)

『メディカルハーブ安全性ブック第2版』

妊娠中・授乳中は、専門医のアドバイスのもと使用すべき

『ESCOP Monographs』

 

ブルーマロウの使い方

ティーの飲み方

ティースプーン山盛り1杯をお湯に入れ、5分蒸らす。ハチミツやレモンを加えても美味しい。

ハーブティー入れ方

 

症状別ハーブの使い方

急性の口内炎、咽頭炎に

  1. 小さじ2,3のブルーマロウにカップ2杯の沸騰したお湯を注ぐ
  2. ふたをし、5分蒸らしきれいに濾す
  3. 温かい茶剤で口をゆすぐ、もしくはうがいをする

『フィトセラピー植物療法事典』

鼻づまりのためのハーブブレンド

ブルーマロウ、セージフェンネル

symptom

 

おすすめの使い方

ハーブティー、スキンケア、ホームケア、バス

herds_advanced1

 

 

 

次はこれを要チェック

herbsgardening  essentialoils vegetableoils floralwater

 

 

スポンサーリンク



 

 


注意点&免責事項:ここに掲載されている内容は、植物の治療や薬としての有効性を保証するものではありません。日々進化していく全ての情報を網羅しきれていない場合もございます。事故やトラブルに関してこのサイトは責任を負いかねますので、あくまでも自己責任にてご利用ください。持病をお持ちの方、妊娠中の方、お子様に使用する場合や、その他使用に不安のある方は、専門家や専門医に相談してください。
参考文献をみる
@Depositphotos.com/ dlpn

コメントを残す