台所用オレンジ洗剤の作り方|天然の精油と肌に優しい石けんを使って安心安全

detergent

天然の精油を使った台所用オレンジ洗剤

タイムレスエディションでは自然にも人体にも優しい材料を使って行う掃除のアイディアを紹介しています。ここでは無添加の液体石けんと天然の精油を使用した台所用オレンジ洗剤の作り方です。オレンジに含まれる、油汚れをよく落とすリモネンを利用して、きちんと汚れが落ちる、ナチュラルな洗剤を紹介します。

目次

  1. 精油を使った台所用オレンジ洗剤の作り方
  2. 台所用オレンジ洗剤の使い方
  3. 台所用オレンジ洗剤の効果
  4. 注意点

 






 

台所用オレンジ洗剤の作り方

台所用洗剤の元になる液体石けんを購入する場合は、せっかくなので無香料、無添加の安心して使えるものを選んでください。液体石けんから手作りする場合はレシピ2をご覧ください。

レシピ1

一番簡単にできる台所用洗剤の作り方です。

ingredients

※200ml分

  • 液体石けん: 200ml
  • オレンジ精油:10ml
  • 容器(できればプラスチックを避ける)

directions

  1. 液体石けんに精油を入れ混ぜる
  2. 使う直前によく振る

 

レシピ2: 液体石けんから作る

液体石けんは簡単に作ることができます。液体石けんから作れば、完全な無添加になるので安心です。液体石けんの素を作るまでの基本の作り方は下記のリンクをご覧ください。

soap_liquid

ingredients

※200ml分

  • 液体石けんの素: 50g
  • お湯: 200ml
  • オレンジ精油:10ml
  • 耐熱の容器
  • 容器(できればプラスチックを避ける)

directions

  1. 耐熱容器に液体石けんの素とお湯を入れて静かに溶けるのを待つ。(濁ってしまうので混ぜたり振ったりしないでください。)
  2. 液体が冷めたら、精油を入れてよく混ぜる。
  3. 容器に移して出来上がり。使う直前によく振る。

 

精油の応用

ここではオレンジの精油をお勧めしていますが、ほかの精油も使えます。大切なことは、リモネンという油汚れに強い成分が入っていることです。オレンジが一番の割合で含まれています。お好みでほかの精油も組み合わせてみてください。

ビターオレンジグレープフルーツマンダリンレモンなど

 

台所用オレンジ洗剤の使い方

食器洗いやキッチンのシンクや蛇口回り、ガスコンロ回りなど、油汚れが気になるところに向いています。

 

台所用オレンジ洗剤の効果

石けんの効果

石けんはアルカリ性です。そのため酸性の汚れを落とすことに向いています。重曹などでは落ちにくい頑固な油汚れも落とします。汚れに浸透し、浮かび上がらせ、界面活性剤として機能し汚れを落とします。その他タンパク質の汚れ(食べこぼしや血液、体のあかなど)をよく落とします。

リモネンの効果

レシピで使用するオレンジ精油の大部分を占めるリモネンという成分は、油汚れを落とすことが得意です。そのため、石けんに混ぜて使うことで相乗効果が期待できます。

オレンジの香りの効果

天然の成分なので、オレンジの香りは心理的にも嬉しい効果があります。気持ちをリラックスさせ、ポジティブにし、元気を与えてくれる作用があります。

 

注意点

プラスチック容器を溶かす

オレンジ精油はプラスチックやゴム素材を溶かす性質があります。台所用洗剤の場合濃度が低いので大丈夫だとは思いますが、長くプラスチック容器に入れていると容器が溶けてくる可能性があります。そのため、容器をガラス製などほかの材質にするか、ダメになったら買い替えられるようなお手頃なも容器をお使いください。

直接精油が手に触れないように

精油は原液が直接肌につくと刺激が強く、荒れてしまうことがあります。そのためもし精油がよく混ざっていないようであれば、よく振ってから利用してください。

濃度の調整

精油の濃度はレシピでは5%になっています。もし物足りないようであれば、2倍くらいの量に増やすことも可能です。また、敏感肌で気になる場合は、まずは濃度を低くして利用してください。

 

 

 

次はこれを要チェック

housekeeping1 housekeeping_recipes aroma_recipes

 

 

スポンサーリンク



 

 


注意点&免責事項:ここに掲載されている内容に関しては十分に配慮しておりますが、記事の内容を参考にした際に生じた事故やトラブルなどに関して、このサイトは責任を一切負うことはできません。あくまでも自己責任にてご利用をお願いいたします。
@Depositphotos.com/ 5PH

コメントを残す