ロータスの効果効能|精油・アロマオイル・エッセンシャルオイル紹介

 Lotus

ロータス精油

目次

  1. キーワード&データ
  2. ストーリー
  3. 植物の特徴
  4. ロータスの効果効能 ―心・体・肌―
  5. おすすめ使い方
  6. 精油のブレンド
  7. アーユルヴェーダからみた性質

 






 

キーワード&データ

自己受容、許し

 

名前 ロータス、蓮、Lotus
学名 Nymphaea lotus
科名 スイレン科
抽出部位
抽出方法 溶剤抽出法、水蒸気蒸留法
ノート ミドルノート
注意事項 特になし
香り 【オリエンタル系】フローラル調のエキゾチックな香り
主な成分 ヘプタデカジエン、ペンタデカン、テトラデカノールなど
陰陽
チャクラ 第4チャクラ、(第1,8チャクラ)
ピンク、マゼンタ

関連記事まとめ: #ロータス

 

ストーリー

学名は妖精という意味の言葉に由来しています。仏教ではお釈迦様の教えとも関係が深い花です。希少価値が高いため、高級な香水の原料になります。特に「ホワイト ロータス」と呼ばれるものはとても希少価値が高いです。呼吸を深くし、穏やかさを促すことから、ヨガに使うととてもいい香りです。

 

植物の特徴

インドが原産で、地中にある地下茎からのびて、水面に葉が出、花を咲かせます。高さは約1m位になります。 白やピンクの花を赤瀬、観賞用としても多く栽培されています。

 

ロータスの効果効能

心への効能

蓮の花は泥の中から綺麗な花を咲かせます。どんなに汚れた世の中でも、自分はキレイに輝いて入れるという証です。物事のいい面に目を向けて、ありのままを受け入れ、愛することを促してくれる香りです。心臓のチャクラに対応していて、心を開き、静寂をもたらします。

体への効能

芳香浴としての使用がメインになるので、あまり体への作用は言われませんが、頭痛や吐き気、つわりなどを緩和させてくれると言われています。

皮膚への効能

芳香浴としての使用がメインですが、肌の調子を整えることから、スキンケアにも利用されることがあります。

 

体への効能
  • 鎮静作用
  • 強心作用
  • 血圧降下作用
  • 健胃作用
  • 解熱作用
肌への効能
  •  肌の不調改善

effects10effects

 

おススメ使い方

芳香浴、フレグランス

aroma_recipes

 

精油のブレンド

香りの相性がいいブレンド

比較的合わせやすく、フローラル系、スパイス系、樹木系の香り全般と相性がいいです。

blend_point ブレンド blend1

 

 

アーユルヴェーダからみた性質

ドーシャ  V-, P-, K+

check_dosha dosha ayurveda0

 

 

 

次はこれを要チェック

essentialoils herbs floralwater vegetableoils

 

 

 

スポンサーリンク



 

 


注意点&免責事項:アロマセラピーは医療ではありません。ここに掲載されている内容は、精油の効果効能、心身の不調改善を保証するものではありません。事故やトラブルに関してこのサイトは責任を負いかねますので、あくまでも自己責任にてご使用をお願いいたします。持病をお持ちの方、妊娠中の方、お子様に使用する場合や、その他使用に不安のある方は、専門家や専門医に相談することをお勧めいたします。
画像@ Depositphotos.com/hadrian

コメントを残す