エンジェルナンバー 700, 701, 702, 703, 704の意味と数秘術

angelnumber700_701_702_703_704

エンジェルナンバー 700, 701, 702, 703, 704

古くから数字には意味があることが信じられてきました。何度もよく見る数字があったら、それは数字を通して天使が私たちに与えてくれているメッセージかもしれません。ここでは700~704のエンジェルナンバーを紹介しています。

 






 

込められたメッセージ

3桁の数字は、特に真ん中の数字が強い意味を持つと言われています。ここの700~704の数字に共通する真ん中の数字は0です。0は「神からのメッセージ」を示します。また、共通する7の数字は「正しい道を進んでいること」を意味します。エンジェルナンバー0の詳細は下記へ。

number_0

 

エンジェルナンバー700

“神と宇宙が、あなたが素晴らしい道にいることを祝福しています。このまま素晴らしい働きを続けてください。とてもはっきりとした神とのつながりがあるので、聖なる導きに従い続けてください。その結果あなたは正しい道にいることができます。”

7と0の組み合わせ

7と0の組み合わせは、肉体的、精神的、霊的にあなたが行っていることは、称賛に値することを示しています。あなたは今の選択によって、自分自身と他の沢山の人を助けています。そして褒められ、元気づけられ、支えられています。このまま素晴らしい働きをするように求められています。

数秘術の観点から

数秘術では数をシンプルに還元していきます。700は7+0+0=7なので、7の本質を持ち合わせます。また、7と0の組み合わせと考えることもできます。

number_0 number_7 number_000

 

エンジェルナンバー701

“あなたの祈りとポジティブなアファメーションが、あなたに正しい道を指し示してくれています。神はいつもあなたを見守っていて、ずっと助けてくれています。”

数秘術の観点から

数秘術では数をシンプルに還元していきます。701は7+0+1=8なので、8の本質を持ち合わせます。また、見た目の通り7、0、1と関連づけて考えることもできます。

number_0 number_1 number_7 number_8

 

エンジェルナンバー702

“あなたはまさにいるべきところにいて、すべきことをしていることを信じてください。神の愛、癒し、力を与えてくれることを信じることは、あなたを正しい道筋に居させてくれています。神の神聖な叡智に耳を傾け、従い続けてください。”

数秘術の観点から

数秘術では数をシンプルに還元していきます。702は7+0+2=9なので、9の本質を持ち合わせます。また、7,0,2の組み合わせと考えることもできます。

number_0 number_2 number_7 number_9

 

エンジェルナンバー703

“神とアセンデッドマスター達が、あなたは正しい道にいるので、このまま続けてくださいと励ましてくれています。あなたのハートの中心と神やアセンデッドマスター達のつながりが、信頼できる導きをあなたに与えています。そしてその後、奇跡的な結果が訪れます。”

アセンデッドマスターとは?

イエスやブッタといった、以前地球上に存在した聖職者やヒーラーたちのことです。地球上で世の中のために尽くした後、高尚な魂として天界から見守ってくれています。3という数字があるとそういったアセンデッドマスター達と関わっている可能性があります。

数秘術の観点から

数秘術では数をシンプルに還元していきます。703は7+0+3=10、更に還元して1+0=1なので、1の本質を持ち合わせます。また、7,0,3の組み合わせと考えることもできます。

number_0 number_1 number_3 number_7

 

エンジェルナンバー704

“あなたは神と天使からの神聖な導きに耳を傾け従っています。あなたが今踏んでいるステップは、神と天使にずっと見られ、守られています。彼らはあなたの人生のすべての側面において助けてくれています。”

数秘術の観点から

数秘術では数をシンプルに還元していきます。704は7+0+4=11なので、11の本質を持ち合わせます。11はマスターナンバーなので、これ以上還元はしませんが、1+1=2なので、2の性質も持ち合わせます。また、7, 0, 4という組み合わせと考えることもできます。

number_0 number_2 number_4 number_7 number_11

 

次はこれを要チェック

エンジェルナンバーの一覧はこちらへ

angelnumber

 

 

スポンサーリンク



 

 


参考文献を見る

コメントを残す