六十干支と暦注

60eto

六十干支

六十干支は十干と十二支から成る60種類の組み合わせです。旧暦では年・月・日に割り当てられています。詳しくは「十干十二支と六十干支」をご覧ください。十干と十二支は五行の要素を持つので、六十干支でどの五行の要素が組み合わさっているかによって、吉凶判断ができます。例えば、六十干支の一番初めの「甲子」は、十干の「甲」と十二支の「子」の組み合わせです。五行説では、甲は「木」、子は「水」で「相生」の関係となり相性がいいです。旧暦では、その日がどの六十干支に対応しているかによって吉凶判断をし、多くの暦注が作られました。その一部を紹介します。五行の詳細は「陰陽五行説の基本」をご覧ください。

 






 

六十干支と暦注

六十干支は規則正しく日にちに対応しています。旧暦のカレンダーを見ると、今日が六十干支でいうとどの日になるかが調べられます。旧暦では六十干支の何が対応するかによって、様々な暦注がありました。

十方暮(じっぽうぐれ)

下の表の21甲申(きのえさる)から30癸巳(みずのとみ)までの10日間を十方暮といいます。万事うまくいかない期間です。下の表の五行の組合せを見ると分かるように、この10日間は、23丙戌と26己丑に日以外「相剋」関係の六十干支が続きます。そのため、何をしてもあまりうまく進まない時期とされ、結婚や旅行に向かないと言われています。

八専(はちせん)

49壬子(みずのえね)から60癸亥(みずのとい)までの12日間を八専といいます。この12日間には、五行で同じ気が組み合わさっている「同気」の日が8日もあります。「同気」以外の4日間は何をしてもいいですが、同気の8日間は気が偏っているのであまり物事がスムーズにいかない時期とされていました。また、八専が始まる日の天気がこの期間続くとも言われていました。

犯土(つち)

7庚午(かのえうま)からの7日間を大犯土、 15戊寅(つちのえとら)からの7日間小犯土と言います。この期間は、「土」を動かすこと、土を掘ったり、伐採をしたりすることを避けたほうがいいと言われていました。この時期に伐採した木は腐りやすいと言われていました。

天恩日(てんおんにち)

1甲子(きのえね)~ 5戊辰(つちのえたつ)、 16己卯(つちのとう)~ 20癸未(みずのとひつじ)、 46己酉(つちのととり)~50癸丑(みずのとうし)の各5日間、計15日間は、天恩もしくは天恩日と呼ばれ、縁起のいい日とされていました。結婚などの縁起のいいことをするには最適と言われていました。

甲子(きのえね)

六十干支の一番初めの日です。そのため、物事の始まりの日として重要視されていました。大黒天のお祭りの日ともされています。

庚申(かのえさる・こうしん)

57番目の庚申の日の夜は、物忌みの日とされていました。これは民間信仰から発展したと言われています。

己巳(つちのとみ)

6番目の己巳は、弁財天を祭る日とされていました。

 

 

六十干支と五行の組み合わせ

六十干支とその読み、五行の組合せの表です。五行の組合せが相生・相剋・同気のどれかになります。詳しくは「陰陽五行説の基本」をご覧ください。

 順番 六十干支 読み 読み 五行組合せ
1 甲子 かっし きのえね 木・水
2 乙丑 いっちゅう きのとうし 木・土
3 丙寅 へいいん ひのえとら 火・木
4 丁卯 ていぼう ひのとう 火・木
5 戊辰 ぼしん つちのえたつ 土・土
6 己巳 きし つちのとみ 土・火
7 庚午 こうご かのえうま 金・火
8 辛未 しんび かのとひつじ 金・土
9 壬申 じんしん みずのえさる 水・金
10 癸酉 きゆう みずのととり 水・金
11 甲戌 こうじゅつ きのえいぬ 木・土
12 乙亥 いつがい きのとい 木・水
13 丙子 へいし ひのえね 火・水
14 丁丑 ていちゅう ひのとうし 火・土
15 戊寅 ぼいん つちのえとら 土・木
16 己卯 きぼう つちのとう 土・木
17 庚辰 こうしん かのえたつ 金・土
18 辛巳 しんし かのとみ 金・火
19 壬午 じんご みずのえうま 水・火
20 癸未 きび みずのとひつじ 水・土
21 甲申 こうしん きのえさる 木・金
22 乙酉 いつゆう きのととり 木・金
23 丙戌 へいじゅつ ひのえいぬ 火・土
24 丁亥 ていがい ひのとい 火・水
25 戊子 ぼし つちのえね 土・水
26 己丑 きちゅう つちのとうし 土・土
27 庚寅 こういん かのえとら 金・木
28 辛卯 しんぼう かのとう 金・木
29 壬辰 じんしん みずのえたつ 水・土
30 癸巳 きし みずのとみ 水・火
31 甲午 こうご きのえうま 木・火
32 乙未 いつび きのとひつじ 木・土
33 丙申 へいしん ひのえさる 火・金
34 丁酉 ていゆう ひのととり 火・金
35 戊戌 ぼじゅつ つちのえいぬ 土・土
36 己亥 きがい つちのとい 土・水
37 庚子 こうし かのえね 金・水
38 辛丑 しんちゅう かのとうし 金・土
39 壬寅 じんいん みずのえとら 水・木
40 癸卯 きぼう みずのとう 水・木
41 甲辰 こうしん きのえたつ 木・土
42 乙巳 いつし きのとみ 木・火
43 丙午 へいご ひのえうま 火・火
44 丁未 ていび ひのとひつじ 火・土
45 戊申 ぼしん つちのえさる 土・金
46 己酉 きゆう つちのととり 土・金
47 庚戌 こうじゅつ かのえいぬ 金・土
48 辛亥 しんがい かのとい 金・水
49 壬子 じんし みずのえね 水・水
50 癸丑 きちゅう みずのとうし 水・土
51 甲寅 こういん きのえとら 木・木
52 乙卯 いつぼう きのとう 木・木
53 丙辰 へいしん ひのえたつ 火・土
54 丁巳 ていし ひのとみ 火・火
55 戊午 ぼご つちのえうま 土・火
56 己未 きび つちのとひつじ 土・土
57 庚申 こうしん かのえさる 金・金
58 辛酉 しんゆう かのととり 金・金
59 壬戌 じんじゅつ みずのえいぬ 水・土
60 癸亥 きがい みずのとい 水・水

 

 

 

次はこれを要チェック

下記は旧暦の二十四節気、七十二候、雑節、月の満ち欠け、月星座を網羅したカレンダーです。

calendar

 

 

スポンサーリンク



 

 


@Depositphotos.com/frenta

 

コメントを残す