水やり、置き場所、肥料など|多肉植物の手入れ方法の基本

care

多肉植物の毎日のケア

多肉植物は、過酷な環境で育つ種類のため、他の植物に比べて強く、育てやすいものが多いです。しかし、間違った育て方をしてしまうと簡単に枯れてしまいます。ここでは毎日のケアのポイントをお伝えします。詳しくは各多肉植物のページをご覧ください。

目次

  1. 水やりのポイント
  2. 置き場所のポイント
  3. 肥料のポイント
  4. 植え替えのポイント

 






 

水やりのポイント

一番大切な水やりのポイントです。細かい部分は各多肉植物に応じて変わってきますが、気を付けるポイントを紹介します。

水の量と頻度

1.水のやりすぎに注意

一番気をつけたいのは、水のやりすぎです。多肉植物の多くは湿気に弱いものが多いです。常に控えめに水を与えることを意識します。

2.生育期には土が乾いたらたっぷり水を与える

生育期は、土が乾いたら、鉢底から水が流れるくらいたっぷりと水を与えます。種類によって、乾燥を好むものは、土が乾いて数日経ってから水やりをする場合があります。反対に土の表面が乾いた時点で水を与えたほうがいいものもあります。

3.休眠期は断水か乾燥気味に

休眠期は、水を控えめにします。多くの場合断水をします。乾燥に弱い種類は、月に1,2回葉水をする程度にし、乾燥気味にします。

水やりの時間

1.午前中に水やりをする

水やりは春や秋といった過ごしやすい気候の時は、午前中に行います。

2.夏は夕方以降

夏の暑い時期は、午前中に水を与えると、蒸れたり葉焼けする原因になってしまうので、夕方以降に行います。

3.冬は日中

寒い時期は、夜に水が残っていると凍ってしまう場合があるので、日中の暖かい時間に水を与えます。

 

置き場所のポイント

多肉植物は、多くの場合風通しと日当たりが重要になります。特に真夏と真冬の管理方法に気をつけることが大切です。

春と秋

春や秋、その他初夏などの過ごしやすい気候の時期は、基本的には風通しの良い日なたで管理します。種類によって、日光が苦手な場合は半日陰で管理します。

夏越し

多肉植物は暑さに強いイメージですが、暑さが苦手な種類や湿気が苦手なものも沢山あります。真夏の暑い時期は、特に高温と多湿に気をつけます。夏は直射日光を避けた日なたや、明るい半日陰を好む種類が多いです。適度に遮光ができるように、日除けが必要です。蒸れないように、水やりは夕方以降にします。

冬越し

多肉植物は真冬の寒い季節が苦手なものが多いです。多くの場合、霜が降りる時期から室内や温室に移し管理します。風通しがよく、適度に日光が入る場所に置くことがベストです。各多肉植物の耐寒温度をチェックして、最低でもそれより下回る温度にならないように気をつけます。

雨の時期

多肉植物は多湿を嫌うものが多いので、雨に当たらないようにします。特に日本の梅雨の時期のような長雨にさらされることはよくありません。外で管理する場合は雨除けが必須です。

 

肥料のポイント

多肉植物は、過酷な環境下でも育つので、基本的には他の種類の植物より肥料を必要としません。しかし、特に紅葉する種類のものなどは、栄養分が豊富な方が綺麗に育ちます。

1.元肥に緩効性肥料を与える

元肥には、緩効性肥料を与えます。市販の土を使うときは、元から肥料分が含まれている場合もあります。植え替え時にも同様に、元肥として緩効性肥料を与えます。

2.生育期に液体肥料を追肥をする

栄養分が必要な種類は、生育期に追肥をします。即効性のある液体肥料を追加する場合が多いです。種類により、十分に薄めてから使用したほうがいい場合もあります。

肥料の基本については下記リンクをご覧ください。

hiryo

 

植え替えのポイント

多肉植物は、可愛らしくまとまった見た目も需要です。しばらくすると成長しすぎて形が乱れてしまうので、適度に植え替えをしていくことが大切です。

タイミング

タイミングには色々ありますが、はじめに植えた形を保ちたい時は、4,5カ月ほど経ったら植え替えをしてもいい時期です。また、群生するタイプのものは子株が殖えてきたら植え替えをします。大きく育つものは、根が詰まってきたらひと回り大きな鉢に植え替えます。

植え替えのやり方

1.鉢から掘りおこす

根を傷つけないように、鉢から株を掘りおこします。

2.古い根と土を取り除く

古い根や傷ついた根、弱った根と土を綺麗に取り除き、健康的な太くて白い根だけを残します。

3.鉢に乾いた土を入れ植え付け

ひと回り大きな鉢に乾いた土を入れ、そこに株を植えつけます。

4.水やりを3,4日後からはじめる

半日陰で管理して、3,4日程経ってから水やりを始めます。そのあとは通常通り育てます。

株分けや挿し木など、多肉植物の殖やし方のページもご覧ください。

kabuwake

 

 

次はこれを要チェック

その他、多肉植物を育てるための基本を紹介したページです。

succulents_soil succulents

 

 

スポンサーリンク




 

 


参考文献をみる
画像@ Depositphotos.com/manera

コメントを残す