ピートモスとは?|園芸・ガーデニング・ハーブ栽培用の土の使い方

peatmoss

ピートモスとは?

ピートモスは、長年にわたり堆積した苔類を主とした泥炭を園芸用に処理したものです。土壌改良材として使用します。

 

ピートモスの特徴と使い方

特徴

通気性、保水性、保肥性に優れます。酸性・無菌。

土を酸性にする

土を酸性にする特徴があるので、アルカリ性が強すぎる土に混ぜたり、酸性を強くしたい場合に使用します。中和されて売られている場合もあるので注意が必要です。ハーブに関しては通常弱アルカリ性の土を好むので、酸性になるピートモスはあまり頻繁には使用しません。酸性を弱めたい場合は、パーライトやバーミキュライトを混ぜて使用する場合もあります。

水もち(保水性)をアップさせる

水もちが悪い土に混ぜて、保水性を高めるために使います。

使用前に潅水(かんすい)を

ピートモスを購入したら、使用前に水で湿らせる潅水(かんすい)を行います。乾燥したままの状態だと保水性が弱くなってしまいます。

家の中で育てる場合に最適

無菌で保水性に優れることから、家の中で保水性重視の植物を育てる場合に向いています。

 

 

次はこれを要チェック

その他の土の種類はこちらです。

ハーブや多肉植物の栽培のための土の詳細です。

herbs_soil succulents_soil

 

 

スポンサーリンク



 

 


参考文献を見る
画像@ Depositphotos.com/tortoon

 

コメントを残す