コーンフラワーの育て方・栽培方法|自家菜園で育てる無農薬のハーブ

Cornflower

コーンフラワーの育て方・栽培方法

コーンフラワー綺麗な青や白、ピンクなどの花を咲かせます。花は煎じて美容にも使用できます。

目次

  1. コーンフラワーの特徴
  2. コーンフラワーの育て方基本
  3. 毎日のケアとポイント
  4. 一年のスケジュールとポイント
  5. 病害虫と天然素材の対策
  6. コーンフラワーの使い方

 






 

コーンフラワーの特徴

名前 コーンフラワー、ヤグルマギク
英語名 Cornflower
学名 Centaurea cyanus
科名 キク科
分類 一年草
耐寒性 耐寒性
草丈 30-100cm
原産地 ヨーロッパ、アジア
出まわり時期  3-4, 9-10月
使える部分 葉・花
殖やし方 種まき

 

コーンフラワーの育て方基本

適した場所

日当たり、水はけ、風通しがよい場所で育てます。過湿を嫌います。

日当たり 日当たりのよい場所。風通しのいい場所。
水はけ 水はけがよい場所。
気温 15~25℃
肥沃な土を好む。
肥料 肥料は与えなくても育つ。与える場合は元肥に緩効性肥料を、追肥に液体肥料を与える。

soil hiryo yoseue nae

 

毎日のケア

水やり

土の表面が乾いたらたっぷりと水を上げます。水のやりすぎは根腐れの原因に、乾燥させ過ぎは株が弱る原因になるので注意します。

ワンポイント

日当たりが重要なので、込み合ってきたら枝をカットします。丈が伸びてきたら支柱を立てます。

剪定、水やり、株分け、挿し木等、ガーデニングの基本となる手入れや殖やし方については下記を参照ください。

sentei tanemaki

 

1年のスケジュールと育て方のポイント

schedule_cornflower

種まきのポイント

こぼれ種子からも簡単に増やせます。秋に直接土にまきます。密集しすぎないように間引きながら育てます。地植えの場合は株間が30cm程になるまで間引きます。

収穫・剪定のポイント

株元から刈り取るようにして収穫します。葉や茎が密集して来たら、株元まで日光が当たるように剪定を兼ねて収穫をします。

花が咲いたら

花を収穫する場合は、花が咲いて2,3日以内の花がきれいなうちに収穫します。茎ごとカットします。咲き終わった花は、こまめに株元からカットするとより長く楽しめます。

 

害虫と天然素材を使った対策

うどんこ病になったり、ハダニがつく場合があります。株が弱らないように、湿度に気をつけます。無農薬・天然にこだわった害虫対策の詳細は下記をご覧ください。

pest

 

コーンフラワーの使い方

花がきれいなので、乾燥させてドライフラワーや手作り雑貨に使用できます。花は食用としても、ハーブティーとしても使われます。収斂作用があることから、花や葉はスキンケアやヘアケア、ホームケアに使われることもあります。

herds_basic

 

 

 

次はこれを要チェック

gardening succulents

ハーブの効能についてもっと知りたい場合は下記へ!

ハーブ一覧

精油、キャリアオイル、フローラルウォーターの情報も豊富です。

精油一覧 vegetableoils フローラルウォーター.一覧

 

 

スポンサーリンク



 

 


参考文献を見る
画像@ Depositphotos.com/Mobilee

コメントを残す