植物の栽培に使用する肥料の基本

hiryo

肥料について

植物を育てる際に、肥料を使うことがあります。ここでは肥料の種類と使い方、使う際のポイントを紹介します。肥料はなぜ必要かというと、植物の成長に必要な、窒素・リン酸・カリを効率的に取り入れることができるからです。栄養がたっぷり含まれた肥沃な土を使用すると、肥料が無くても元気に育てられることができます。

 






 

肥料の種類

まず、大きく分けて肥料には化学肥料と有機肥料があります。

化学肥料(無機質肥料)

化学肥料は、化学的に合成されて作られた肥料です。即効性のものと、緩効性のものがあります。液体肥料は、根からすぐに吸収される即効性のもので、追肥として使用します。固形肥料には色々な種類があり、即効性も緩効性もあります。

有機肥料(有機質肥料)

有機肥料は、油粕、糞、骨粉といった様々な有機質で作られた肥料です。緩効性です。有機肥料の中で更に、動物性のもの、植物性のものと分けて考える場合もあります。

 

肥料のやり方

肥料のやり方は、植え付けのときに行う場合と、生育途中に行う場合があります。そのタイミングによって、前者を元肥といい、後者を追肥と言います。

元肥

植え付けの際に、用土に混ぜたり、埋め込みます。緩効性の肥料を使います。

追肥

生育に応じて、追加する肥料です。育てる植物に合わせて、緩効性、即効性両方の肥料を使用します。

 

肥料のワンポイント

一年草は肥料を切らさずに

一年草のように、短期間で生育するハーブや、次々に花を咲かせるハーブは肥料が大切になります。例えば、バジルは肥料が足りないの葉が固くなってしまいます。ハーブの種類によって肥料の種類を決定し、切らさないことが大切です。

やりすぎに注意

ハーブの場合は一年草以外は、肥料は殆ど必要ないことが多いです。肥料のやりすぎは逆に病害虫の原因になったり、根が傷んだりしてしまうので、注意が必要です。栄養分がたっぷりの用土作りをすることで、ほとんどのハーブが肥料無しでも育ちます。多肉植物の場合は、多くの種類が過酷な環境下が原産のため、肥料をあまりやらなくても元気に育つことが多いです。

 

 

 

次はこれを要チェック

gardening

soil nae sentei tanemaki yoseue pest

 

 

スポンサーリンク



 

 


参考文献を見る
画像@ Depositphotos.com/elenathewise

コメントを残す