ブルーマロウの育て方・栽培方法|自家菜園で育てる無農薬のハーブ

mallow

ブルーマロウの育て方・栽培方法

ブルーマロウは観賞用としても、ハーブティーとしても人気のハーブです。

目次

  1. ブルーマロウの特徴
  2. ブルーマロウの育て方基本
  3. 毎日のケアとポイント
  4. 一年のスケジュールとポイント
  5. 病害虫と天然素材の対策
  6. ブルーマロウの使い方

 






 

ブルーマロウの特徴

名前 マロウ、ブルーマロウ、コモンマロウ、マロウブルー、マローブルー、ウスベニアオイ
英語名 Blue mallow
学名 Malva sylvestris
科名 アオイ科
分類 多年草
耐寒性 耐寒性
草丈 100-200cm
原産地 ヨーロッパ、アジア
出まわり時期  4-6, 9-10月
使える部分 葉・茎・花
殖やし方 挿し木、種まき、株分け

ブルーマロウの関連リンク:ハーブの特徴詳細

 

ブルーマロウの育て方基本

適した場所

日当たり、風通し、水はけのいい場所を好みます。大株に育つので、広めのスペースが必要です。

日当たり 日当たりのよい場所。風通しのいい場所。
水はけ 水はけがよい場所。
気温 15~25℃
肥沃な土を好む。
肥料 元肥に緩効性肥料を与える。追肥に液体肥料を月1回程与える。骨粉を元肥に混ぜたり、開花前にまくことで花が鮮やかになる。

soil hiryo yoseue nae

 

毎日のケア

水やり

鉢植えの場合は、土の表面が乾いたら、たっぷり水を与えます。冬はやや乾燥気味でも大丈夫ですが、夏の水切れには注意します。地植えの場合は水りはほぼ不要です。

ワンポイント

丈が伸びたら支柱をセットします。日差しが入るように、込み合った枝は随時カットします。

剪定、水やり、株分け、挿し木等、ガーデニングの基本となる手入れや殖やし方については下記を参照ください。

sentei tanemaki

 

1年のスケジュールと育て方のポイント

schedule_mallow

種まきのポイント

苗が移植に弱いので、土に直接点まきをします。乾燥しないように水をたっぷり与え、適宜間引きます。

挿し木のポイント

春、株の根元に出てきた脇芽をカットします。水揚げをした後、土に挿し、水をたっぷり与えます。

株分けのポイント

何年か経つと、花が小さくなっていくので、株分けをして更新していきます。株分けは春か秋に行います。株を掘りおこして、2,3分割して定植させます。

植え付けのポイント

マロウは株が大きくなり、直根性です。地植えの場合は、株間を80~100cm程あけます。鉢植えの場合は、10号程の大きめの鉢に、一株定植させます。

剪定・収穫のポイント

風通しや光が大切なので、込み合った部分の枝を随時剪定(収穫)します。伸びすぎた枝は摘芯します。

花が咲いたら

5月ごろから花を咲かせます。花はすぐ咲き終わってしまうので、開花した朝一番に摘み取ります。フレッシュのままでもドライにしても使えます。

 

害虫と天然素材を使った対策

殆ど病害虫はないハーブです。それでも困ったら、無農薬・天然にこだわった害虫対策の詳細をご覧ください。

pest

 

ブルーマロウの使い方

ブルーマロウの一般的な使い方はハーブティーです。フレッシュまたはドライの花にお湯を注ぐと、ブルーのハーブティーですが、レモンを入れるとピンク色に変化します。葉や茎は料理に使われることもあります。その他、ドリンクの材料や、石鹸などのスキンケアにも使用できます。ハーブの作用については「ブルーマロウの効果効能」をご覧ください。

herds_basic

 

 

 

次はこれを要チェック

gardening succulents

ハーブの効能についてもっと知りたい場合は下記へ!

ハーブ一覧

精油、キャリアオイル、フローラルウォーターの情報も豊富です。

精油一覧 vegetableoils フローラルウォーター.一覧

 

 

スポンサーリンク



 

 


参考文献を見る
画像@ Depositphotos.com/Kokhanchikov

コメントを残す