チコリの育て方・栽培方法|自家菜園で育てる無農薬のハーブ

chicory

チコリの育て方・栽培方法

チコリは軟白栽培される場合と、普通に栽培される場合があります。花はエディブルフラワーとして、葉はサラダに、根はノンカフェインコーヒーとして、様々に楽しめます。

目次

  1. チコリの特徴
  2. チコリの育て方基本
  3. 毎日のケアとポイント
  4. 一年のスケジュールとポイント
  5. 病害虫と天然素材の対策
  6. チコリの使い方

 






 

チコリの特徴

名前 チコリ、チコリー、キクニガナ
英語名 Chicory
学名 Cichorium intybus
科名 キク科
分類 一年草、二年草、多年草
耐寒性 耐寒性
草丈 120-150cm
原産地 ヨーロッパ、西アジア
出まわり時期  9-10月
使える部分 葉・茎・花・根
殖やし方 種まき

チコリの関連リンク:ハーブの特徴詳細

 

チコリの育て方基本

適した場所

高温多湿を避けた、風通しがいい、比較的涼しい場所を好みます。夏の直射日光があたるところは避けます。

日当たり 日なた~半日陰。風通しがいい場所。
水はけ 水はけがよい場所。
気温 15~25℃
肥沃なアルカリ性の土を好む。
肥料 元肥に緩効性肥料を与える。追肥に緩効性肥料を月2回ほど与える。軟白栽培は肥料不要。

soil hiryo

軟白栽培と普通の栽培

chicory1軟白栽培とは、日光が当たらないようにして育てることを言います。普通の栽培では、チコリは赤い葉ですが、軟白栽培をすると、グリーンになります。そうすることで、栄養価は落ちますが、苦味が減り、柔らかくなり、食べやすくなります。

 

 

 

 

yoseue nae

 

毎日のケア

水やり

土の表面が乾いたら、たっぷり水を与えます。

ワンポイント

丈が伸びてきたら支柱を立てます。

剪定、水やり、株分け、挿し木等、ガーデニングの基本となる手入れや殖やし方については下記を参照ください。

sentei tanemaki

 

1年のスケジュールと育て方のポイント

schedule_chicory

種まきのポイント

こぼれ種からも育つので、種から簡単に育てられます。根が深く伸びるので、地植えの場合はよく耕し、鉢の場合は深めの鉢を用意します。植え替えが苦手なので、直まきし、適宜間引きます。地植えの場合は株間を30cm程とります。

植え付けのポイント(軟白栽培)

軟白栽培の場合は、9月頃に根を堀り上げで、根元から3cm位のところで葉をカットします。そして腐葉土を混ぜた深めの容器に植え付けます。日が当たらないように、黒いビニールかダンボールで覆い、10~18℃の温度で管理します。風通しは悪くならないように気をつけます。一カ月ほどで軟白葉が出てきます。

収穫のポイント

若葉は生えてきたら、随時収穫可能です。

花が咲いたら

花が咲いたら、花を収穫し、そのままエディブルフラワーとして食べることが可能です。種を収穫するときは、そのまま咲かせます。

 

害虫と天然素材を使った対策

春と秋にうどんこ病が発症する場合があります。アブラムシがつくことがあります。無農薬・天然にこだわった害虫対策の詳細は下記をご覧ください。

pest

 

チコリの使い方

チコリは葉をサラダなどの料理に使用することが主流です。根を乾燥させ、ローストすると、ノンカフェインのコーヒーとして楽しめます。ハーブティーは、デトックスにいいです。ハーブの作用については「チコリの効果効能」をご覧ください。

herds_basic

 

 

 

次はこれを要チェック

gardening succulents

ハーブの効能についてもっと知りたい場合は下記へ!

ハーブ一覧

精油、キャリアオイル、フローラルウォーターの情報も豊富です。

精油一覧 vegetableoils フローラルウォーター.一覧

 

 

スポンサーリンク



 

 


参考文献を見る
画像@ Depositphotos.com/Kruchenkova

コメントを残す